侍ジャパン,練習試合,2017

侍ジャパンの2017年初陣の練習試合は敗北スタート!

練習試合

 

 

このページは、WBCに向けて侍ジャパンが最初に行った練習試合についてお伝えしています。

 

 

2017年2月25日にWBCの本大会に向けて日本代表の練習試合が行われました。相手はソフトバンクホークスです。

 

 

 

 

テレビ中継もされたこの試合ですが、結果は0-2で完封負けでした。まだ勝敗を気にする必要はありませんがちょっと気になる結果となってしまいましたね。第一印象はとにかく打てない。

 

 

 

この試合の全般を通しての印象になります。もちろん、日本代表については守って勝つチームではありますがちょっと打線が沈黙でしたね。4安打では、点をとることはなかなか難しいですよね。

 

 

 

しかも、4本のヒットのうち3本は菊池涼介が放ったもの。菊池一人で気をはいていた状況でしたよね。今後上げてきてくれれば問題ないのですがやや心配になりました。

 

 


Sponsored Link

 

 

内川聖一の負傷交代が気になる

 

 

そして、何よりも心配になったのが内川聖一が一塁の守備中に走者と交錯して負傷退場したことです。軽症で、今後に大きな影響がないと発表されていますが本当にそうなのかなって思うほど動けていませんでした。

 

 

 

担架で運ばれるって野球の試合ではそうありませんからね。内川選手は前回のWBCで走者として飛び出してしまって敗北を喫したという出来事がありましたから、今回は絶対にリベンジしたいというおもいがあるでしょう。

 

 

 

本当に前回敗北したあとのインタビューでの涙を思い出すと今でも胸が痛くなります。そんな思いがあるだけに、負傷を我慢しているのではないかなあなんて思ってしまいます。

 

 

 

大きな怪我であれば、シーズンもありますのでしっかりと休んでほしいのですが気持ちがあるので、もし無理しているのであれば周囲がストップかけて欲しいなって思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

抑え投手についても課題のまま

 

 

そして、もう一つの心配な点としては抑えの一人として期待されている松井裕樹投手が乱調だったということです。後ろについては不安があることから、ボールが滑ってストライクが入らなかったというのはちょっと今後の心配の種ですね。

 

 

 

抑えをどうするのかという問題も残る中での投球でピリッとしなかったのでなかなかクローザーを決めきれない状況になってしまうかもしれませんね。その他につきましては全体として投手についてはよかったように思います。

 

 

 

まだ、ソフトバンクのチーム全体が出来あがってきているわけではないのでそれほど打たれなかったという見方もできるとは思いますけどね。いずれにしても2017年の侍ジャパンの初陣は敗北スタートになりました。

 

 

 

3月に開催される本番にきっちりと照準をあわせて仕上げていってほしいなって思いますね。そのためには、抑えの方のピッチャーをどうするのかという課題がまだ残っているように感じました。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC(2017)日本×キューバの試合結果速報と予想!

 

WBC/2017日本×オーストラリアの試合結果速報と予想!

 

WBC(2017)日程・チケットまとめ!

 

WBC/2017の日本代表の結果を予想!どこまでいけるのか?

 

WBC(2017)の各国代表メンバーまとめ!