日本代表,メンバー,WBC,2017,

WBC/2017の日本代表メンバー紹介はコチラ!

野球

 

このページは、2017年3月に行われるWBCの日本代表のメンバー28名の発表がありましたのでそれぞれ紹介しています。

 

 

選ばれた選手がどんな選手なのかについてくわしく気になるあなたは、リンクで貼っていっていますので、そちらの方でみてくださいね。詳細に特徴を解説しています。

 

 

 

 

なので、このページをお気に入り登録やブックマークしておくことがおススメです。2017年のWBCメンバーのすべてを小久保監督が発表されています。

 

 

 

なので、大変残念ですが日本国民の多くが期待していたイチローの参加や投手のメジャーリーガーの参加はありませんでした。また、当確と思われていた柳田悠岐がメンバーから落選したというのはちょっと驚きましたね。

 

 

 

イチローが選ばれるなら仕方ないかなと思うところはありましたが、それだけ怪我の状態が良くないんでしょうか。ほぼ日本国内で構成されるWBCメンバーに柳田悠岐がいないというのはびっくりでした。

 

 

 

また、大変残念な結果になってしまいましたがチームの中心として期待されていた大谷翔平が右足首の怪我の影響で急遽辞退になってしまいました。大谷の代わりを誰ができるのか。それによって日本の成績が決まってくるでしょう。

 

 

 

下記に投手から順番に簡単なメンバー紹介をしています。詳しいないようについては、リンクをクリックしていただければ詳しくわかるようになっています。

 

 


Sponsored Link

 

 

日本代表・投手メンバー

 

 

増井浩俊

増井浩俊(日本ハム)

181cm,70kg,右投右打

 

増井投手は、2016年の途中に抑えから先発に転向しています。その先発転向が成功したことで日本ハムが2016年に日本一になったといっても過言ではないでしょう。

 

武器としては、150キロを超えるストレートと切れ味鋭いフォークボールになります。詳しい増井浩俊2016年の成績や年俸等についてはコチラ

 

 

 

宮西尚生

宮西尚生(日本ハム)

180cm,75kg,左投左打

 

宮西尚生投手は、日本ハムファイターズの重要なリリーフ投手になります。左サイドハンドから繰り出されるスライダーに、左バッターはバットが空をきります。

 

WBCでも左の貴重なリリーフ投手として大車輪の活躍が期待されます。WBCで宮西尚生投手に期待することはコチラ

 

 

 

武田翔太

武田翔太(ソフトバンク)

186cm,85kg,右投右打

 

武田翔太投手は、ソフトバンクホークスの若きエースになります。2016年には、14勝を上げて大黒柱の活躍を見せました。

 

大谷翔平のWBC辞退を受けてメンバーに招集されましたが、先発ローテーションの1人を任されます。カーブを中心とした緩急を使ったピッチングが大きな特徴になります。武田翔太の2016年の成績や年俸はコチラ

 

 

 

千賀滉大

千賀滉大(ソフトバンク)

186cm,86kg,右投右打

 

千賀滉大投手は、ソフトバンクホークスの次世代のエース。この千賀滉大投手のボールですごいのは、なんといってもフォークボールになるでしょう。

 

全盛期の大魔神佐々木かそれ以上に落ちるフォークボールを投げ込みます。そのため、ダルビッシュ有に抑えは一番千賀滉大が向いていると言わせるほどのピッチャーです。そんな千賀滉大にWBCメンバーの中で期待することはコチラ

 

 

 

 

則本昂大

則本昂大(楽天)

178cm,82kg,右投左打

 

則本昂大投手は、田中将大がいなくなった後の楽天の絶対的なエースになります。ストレートも150キロを超えボールに力があります。

 

また、スライダーも切れますのでストレートでもスライダーでも三振のとれるピッチャーです。そんな則本昂大にWBCメンバーの中で期待する活躍はコチラ

 

 

 

 

松井裕樹

松井裕樹(楽天)

174cm,74kg,左投左打

 

松井裕樹投手は、楽天の抑えのエースになります。もともとは、甲子園で奪三振記録を塗り替える勢いで三振を奪ったスライダーが武器の投手になります。

 

スライダーについては、横に曲がるものと落ちるものを投げ分けます。その二種類のスライダーで三振をとるのが得意な投手です。そんな松井裕樹にWBCメンバーの中で期待する活躍はコチラ

 

 

 

 

牧田和久

牧田和久(西武)

177cm,83kg,右投右打

 

牧田和久は、先発もリリーフもできる便利な投手になります。しかも、アンダースローという海外では見当たらない変則的なピッチャーになります。

 

特に変化球が多彩で、それがアンダースローから繰り出されるので打ちにくいピッチャーです。そんな牧田和久にWBCメンバーとして望む活躍はコチラ

 

 

 

 

平野佳寿

平野佳寿(オリックス)

186cm,84kg,右投右打

 

平野佳寿投手は、オリックスの絶対的なクローザーです。ストレートは156キロを記録します。そして、もう一つの武器フォークボールにも大きな落差があります。

 

この二つのボールで、強打者たちを抑えていきます。今回のWBCで、平野佳寿にどんなことを期待するのかについてはコチラ

 

 

 

 

石川歩

石川歩(ロッテ)

186cm,80kg,右投右打

 

石川歩投手は、千葉ロッテマリーンズのエースになります。制球力が抜群の投手なので、日本代表の中で誰よりも安定感があります。

 

WBCでは、先発のローテーションを小久保監督に任されています。そのため、WBCメンバーの中で石川歩に期待する活躍はコチラ

 

 

 

 

 

 

菅野智之

菅野智之(巨人)

186cm,92kg,右投右打

 

菅野智之投手は、伝統ある読売巨人軍のエース投手になります。150キロ超のストレートももっていますが、何よりも大きな武器はコントロール。

 

野球評論家の間では、第2回大会の岩隈久志投手のような活躍が期待されています。そんなWBCで菅野智之に期待するところはコチラ

 

 

 

秋吉亮

秋吉亮(ヤクルト)

182cm,73kg,右投右打

 

秋吉亮投手は、ヤクルトスワローズの抑えのエースになります。右サイドハンドからストレートと変化球を巧みにあやつる技巧派の投手になります。

 

特に、右バッターのひざ元、左バッタ―から逃げるシンカーが武器の投手になります。その一級品の技術で、秋吉亮にWBCメンバーの中で期待するところはコチラ

 

 

 

 

藤浪晋太郎

藤浪晋太郎(阪神)

197cm,89kg,右投右打

 

藤浪晋太郎投手は、阪神タイガースのエースピッチャーになります。2016年こそ、不振の年でしたが高校を卒業して3年連続二桁勝利をしている実力者です。

 

どうしても、大谷翔平と比較されることが多いですが高校時代は藤浪晋太郎の方が上でした。そんな藤浪晋太郎にWBCで期待する活躍はコチラ

 

 

 

 

岡田俊哉

岡田俊哉(中日)

179cm,65kg,左投左打

 

岡田俊哉投手は、中日の抑えのエースになります。中日の大先輩の岩瀬と似ているところがあるので、岩瀬2世といわれることが多くあります。

 

特徴としては、変化球で打たせてとるタイプになります。そんな、岡田俊哉にWBCでどのようなピッチングを期待するのかについてはコチラ

 

 

 

 

投手については、野村祐輔(広島)、菊池雄星(西武)、中崎翔太(広島)などが選ばれていません。某スポーツ紙の報道で有力されていた選手はかなり外れているように思います。武田翔太選手は、大谷翔平の変わりにメンバーに入っています。

 

 

 

また、注目されている抑え(クローザー)については、前回に選ばれていた宮西尚生(日本ハム)や牧田和久(西武)に加えて松井裕樹(楽天)を新たに招集しました。このことで少し厚みがましましたね。

 

 

 

ただ、以前から参加を辞退していた上原浩治のほかにも田中将大前田健太田澤純一投手らの日本人メジャーリーガーが参加を辞退していることもわかりました。この辺りはある意味想定内ではありますけど残念ですね。

 

 

 

いろんな意見はありますが、メジャーリーガーの場合はなかなか参加が難しいというのはわかっていたことなので仕方ないですよね。どうしても、アメリカと日本ではWBCに対して温度差があります。

 

 

 

日本人は、これがサッカーのワールドカップのような大会になればいいと思っているかもしれませんが、アメリカでは自国のリーグ第一主義があります。トランプ大統領のアメリカファーストみたいなものですね。

 

 

 

それがあるために、特に投手についてはなかなか参加が難しい。これについては今後の大会の課題になるのではないでしょうか。WBCが本当の野球の世界一を決める大会になるには、W杯のようにそういった配慮がなくてはならないでしょう。

 

 

 

そんな苦しい台所事情の中で、国内の選手だけで考えるとある程度は予想の範囲内になるのではないでしょうか。投手陣における肝は小久保監督があまり実績のない投手を信頼し、どの程度思い切って使うことができるかということでしょう。

 

 

 

その代表となるのが岡田俊哉です。岡田は日本代表とは無縁でしたが、オランダ・メキシコとの強化試合に追加召集されると、WBC球に対応できない投手陣が多い中、2試合に登板しいずれも無失点に抑える上々のピッチングを披露しました。

 

 

 

その結果から逆転で日本代表入りを果たしました。左の中継ぎは現状松井と、ワンポイント要員に近い宮西しかおらず、ここのあたりが非常に手薄ですね。

 

 

 

ピンチのしびれる場面でメジャーの強力な左打者を迎えたときに、小久保監督が恐れずに岡田をマウンドに送り出せるかという点は注目ですね。投手陣の負担を分散させるためにも、今回のメンバーでは岡田俊哉活躍に期待です。

 

 

 

そして、日本中が驚いて落胆した大谷翔平のWBC辞退。怪我で仕方ないのですが、この穴埋めは難しいですね。中心に添えていた小久保監督も頭が痛いところでしょう。武田翔太と藤浪晋太郎で代わりを務めることになると思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

日本代表・内野手メンバー

 

中田翔

中田翔(日本ハム)

183cm,100kg,右投右打

 

中田翔は、日本ハムの絶対的な4番バッターになります。日本代表でも賛否両論がある中で4番バッターをつとめています。高校時代から飛距離は抜群です。

 

パワーは誰にも負けません。率がやや低いところがありますが、チャンスに強いことでそれを補っています。中田翔にWBCで期待するところはコチラ

 

 

 

松田宣浩

松田宣浩(ソフトバンク)

181cm,88kg,右投右打

 

松田宣浩は、ソフトバンクホークスで熱男というニックネームをもつ選手です。そのプレーはもちろんのことムードメーカーとしても大きな役割を担います。

 

バッティングはもちろん、堅実な守備はゴールデングラブ賞を毎年とる選手になります。そんな松田宣浩にWBCメンバーの中で期待するとろこはコチラ

 

 

 

菊池涼介

菊池涼介(広島)

171cm,69kg,右投右打

 

菊池涼介は、広島カープの守備の要になります。その守備に広島カープの投手陣がどれだけ助けられたことか。守備だけで飯が食える選手と言ってもいいでしょう。

 

ただ、菊池涼介選手はバッティングも3割近いアベレージを残し、足も速いです。そんな菊池涼介にWBCメンバーの中で期待する活躍はコチラ

 

 

 

坂本勇人

坂本勇人(巨人)

186cm,83kg,右投右打

 

坂本勇人は、読売巨人軍のショートストップとして長年レギュラーとして活躍しています。不動のショートと言っても過言ではないでしょう。

 

打っては、2016年の首位打者を獲得しています。ルックスも相まって巨人のスター選手の一人になりますね。そんな坂本勇人にWBCで期待するところはコチラ

 

 

 

山田哲人

山田哲人(ヤクルト)

180cm,76kg,右投右打

 

山田哲人は、史上初のトリプルスリーを2年連続獲得したヤクルトスワローズの中心選手になります。3割30本30盗塁を2年連続なので、すべてで優れていることがわかります。

 

長打も率も残せて足も速い。非の打ち所がないスーパースターですね。そんな山田哲人がWBCでどんなプレーをしてほしいかはコチラ

 

 

 

田中広輔

田中広輔(広島)

171cm,81kg,右投左打

 

田中広輔は、広島カープのショートストップ。菊池涼介と二遊間でコンビを組んでいるため広島のセンターラインはきっちりと固められています。

 

バッティングについても広角に打ち返す能力をもっていて、足も速い。WBCメンバーとしてどんな活躍をしてほしいのかについてはコチラ

 

 

 

 

内野手につきましては、順当に選ばれている印象が強いですね。外野手で登録されている内川聖一(ソフトバンク)も内野手をできますのでその辺りは臨機応変に対応できるかなと思います。

 

 

 

某スポーツ紙の報道であった有力選手の中島卓也(日本ハム)や川端慎吾(ヤクルト)は選ばれなかったですね。中島卓也を除いてはここは予想通りになりますね。ただ、サードの控えがいないのはちょっと辛いところです。

 

 

 

外野手を一人削ってでもヤクルトの川端あたりを入れておくべきだったように思いますね。守備だけで言うと、田中広輔選手や菊池涼介選手の二人がバックアップすることは可能だと思いますけどね。

 

 

 

ほぼ想定通りの内野になりましたが、どうしても松田選手は波のある選手ですから本職のサードの控えがほしかったなあという印象が残ってしまいますね。

 

 


Sponsored Link

 

 

日本代表・外野手メンバー

 

秋山翔吾

秋山翔吾(西武)

183cm,85kg,右投左打

 

秋山翔吾は、イチローの安打日本記録を塗り替えた西武ライオンズの安打製造機になります。足も速いので守備範囲も広く走攻守で西武の中心選手になります。

 

ピンチランナーにも使えることができるので、どんな場面でも出場可能性があるでしょう。WBCメンバーとして期待することはコチラ

 

 

 

内川聖一

内川聖一(ソフトバンク)

185cm,93kg,右投右打

 

内川聖一は、ソフトバンクホークスの中心選手になります。バッティングは常に三割を打ちます。広角にバッティングできそのセンスはイチローが認めたほどです。

 

前回のWBCで大変悔しい思いをしている選手だけに今回の奮起に期待したいところです。WBCメンバーには3回目の選出なのでこんな役割を期待しています。

 

 

 

 

鈴木誠也

鈴木誠也(広島)

181cm,87kg,右投右打

 

神ってる男の鈴木誠也。昨年の広島カープの優勝は、この男の活躍がなければなかったでしょう。神っているという言葉が流行語になるほどの活躍でした。

 

バッティングは右方向に大きなものが打てますし、パワーがありスケールの大きな選手です。WBCメンバーとしてはこんな活躍をみたいです。

 

 

 

 

筒香嘉智

筒香嘉智(DeNA)

185cm,97kg,右投左打

 

筒香嘉智は、DeNAの不動の4番バッターになります。長打力でいうなら、中田翔と並ぶ選手になります。中田翔同様に4番候補になります。

 

辛口評論家として有名な張本勲さんが王貞治以来の選手と認めた長距離砲です。WBCメンバーとしてはこんな活躍をお願いしたいですね。

 

 

 

 

平田良介

平田良介(中日)

177cm,88kg,右投右打

 

平田良介は、外野手の最期の枠に滑りこみました。意外性のあるバッティングと、時折見せる長打力が魅力の選手になります。

 

落合博満元中日ドラゴンズ監督が認めていたという選手としても有名ですね。中田翔の高校の先輩にあたります。そんな平田良介にWBCメンバーとしてみたいシーンはコチラ

 

 

 

青木宣親

青木宣親(アストロズ)

175cm,82kg,右投左打

 

青木宣親は、元ヤクルトスワローズの選手で日本でイチローに次いで200本安打を達成した選手として有名です。現在は、メジャーリーガーとしてチームを渡りあるいています。

 

体が大きいほうではありませんが、意外とパンチ力があります。またメジャー在籍ということで相手の情報を教えることができるという役目も。WBCメンバーとしてこんなことを期待します。

 

 

 

 

外野手もほぼ、予想通りかなと思います。某スポーツ紙での報道で有力とされていました平田良介選手が入りましたね。これまで、代表に入っていなかったのでなぜかなって気持ちは個人的にはあります。

 

 

 

それなら、柳田悠岐(ソフトバンク)を入れて欲しいなって思いはありました。他にもよい選手がいっぱいいるんですけどね。角中(ロッテ)や西川(日本ハム)じゃなく、平田の理由というのがちょっと・・・。

 

 

 

おそらく、小久保監督は平田良介の意外性の長打力をかったということなのでしょうね。角中や西川は秋山や青木といったタイプとよく似た外野手なので、そのような選択をしたのではないでしょうか。

 

 

 

それであるならば、あえて外野手から追加のメンバーを選ばずに内野手。とりわけサードのバックアップを選んでいた方がよかったような気もしますね。ちょっと構成的に外野手がおおすぎる気がしますね。

 

 

 

日本代表・捕手メンバー

 

大野奨太

大野奨太(日本ハム)

177cm,78kg,右投右打

 

大野奨太は、日本ハムファイターズの正捕手になります。日本一に輝いたのは、地味ですがこの大野奨太捕手のリードが大きかったでしょう。

 

WBCでは、先発投手にあわせて捕手を変更するスタイルをとると小久保監督が話ていますので、出場機会は多くなることが予想されます。WBCメンバーとしてこんなとこを見たいです。

 

 

 

嶋基宏

嶋基宏(楽天)

179cm,82kg,右投右打

 

嶋基宏捕手は、楽天の正捕手になります。おそらく、WBCでも最も多く先発のマスクをかぶることになるでしょう。野村克也監督に鍛えられた捕手論が世界で通用するのか。

 

バッティング以上に、キャッチャーとしてのリードの部分で期待するところが多い選手になりますね。WBCメンバーの中で最も楽しみな選手の一人がこの嶋基宏捕手です。

 

 

小林誠司

小林誠司(巨人)

178cm,83kg,右投右打

 

2016年11月に行われた強化試合でパスボールを連発したことですっかり評判を落としてしまった小林誠司。阿部慎之助の後の巨人の正捕手を目指す若き捕手です。

 

ただ、まだ実力不足のところは否めないので菅野智之投手の時限定の起用方法になると思います。WBCメンバーの中ではこんなことをお願いしたい選手ですね。

 

 

 

 

 

捕手については、追加で小林誠司(巨人)が選ばれていますね。キャッチャーの残り一枠に誰が入るか期待されましたが、小林誠司という判断を小久保監督がしました。個人的には、小林誠司はないかなって思ってたんですけどね。

 

 

 

前回の強化試合でミスが多かったので外されるような気がしていました。特段、バッティングがいいわけでもないので、なぜ選ばれるのか個人的にはおおいに疑問の残る選手になりますね。

 

 

 

強化試合のように、後ろにボールを抜かしてしまうような場面がないことをただただ祈るしかありません。まあ、捕手の3人のうちの一人になりますのでバックアップ選手になると思います。

 

 

 

WBC日本代表28人のメンバーについて思うこと

 

 

2015年と2016年に小久保監督が渡米してなんとか参加を促していたメジャーリーガーは青木以外が選ばれることはなかったですね。そのため、前田健太、田中将大などの投手陣は参加辞退したことがわかります。

 

 

 

個人的には、レッドソックスからマーリーンズに移籍した田澤純一投手を呼べれば面白かったんですけどね。上原浩治選手が辞退したので、田澤純一選手がいれば心強かったと思います。ただ、移籍1年目なので参加することができませんでしたね。

 

 

 

残りの1名についても予想通りショートの選手に決まりましたね。日本ハムの中島卓也が辞退したことや、ソフトバンクの今宮も辞退したことで最終的には広島カープのショート・田中広輔選手が選ばれることになりました。

 

 

 

個人的にうれしかったのは、阪神の藤浪晋太郎が入っていたことですね。阪神ファンとしては、かなりテンションが上がりました。たくさんいい投手がいる中で選ばれたので、今後の成長も込めて入ったのだと思います。

 

 

 

単純に2016年の成績だけでいうと、藤浪晋太郎は選ばれないと思いますのでこれまで培ってきたものと、小久保監督からの期待値が高いといったところなのでしょうね。

 

 

 

サプライズでイチロー選手の参加があればという気持ちが高かっただけに残念なファンも多いのではないかと思います。イチローが参加していると、日本中が盛り上がっていたことは間違いないですからね。

 

 

 

ただ、現状では最高のメンバーを小久保監督が選出してくれたわけですから、ファンとしては世界一奪還を期待して応援するしかありません。特に追加で入ってきた選手の活躍に期待したいですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの予備登録メンバー8人はコチラ!

 

WBC(2017)メンバーのスタメンはコチラ!

 

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

2017年のWBCメンバーに角中が選ばれない理由を暴露!

 

WBC/2017残りメンバーに西川遥輝が選ばれる?

 

なぜ侍ジャパンの監督に小久保裕紀は選ばれたの?

 

侍ジャパンのコーチ陣には誰が入っているの?

 

侍ジャパンの4番は中田翔?それとも筒香がいい?

 

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

 


WBC/2017の日本代表メンバー紹介はコチラ!記事一覧

前田健太(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、WBCの日本代表メンバー候補である前田健太(ドジャース)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパンとして期待することなどについてもあわせてお伝えしています。まずは、2016年の前田健太選手の成績についてみていきます。前...

≫続きを読む

田中将大(2016)の成績と年俸!ここがすごい?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである田中将大(ヤンキース)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBCの日本代表として田中将大投手に期待することなどについてもあわせてお伝えしています。まずは、2016年の田中将大選手の成績についてみていきます。田中将大は、楽天のエースか...

≫続きを読む

上原浩治(2016)の成績と年俸!世界一のクローザー?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバー候補である上原浩治(レッドソックス)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBCの日本代表として上原浩治投手に期待することなどについてもあわせてお伝えしています。まずは、2016年の上原浩治投手の成績についてみていきます。上原浩治は、読売巨...

≫続きを読む

田澤純一の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、2017年にレッドソックスからマーリンズに移籍した田澤純一の2016年の成績や年俸についてお伝えしていきます。また、それと併せて後半にはWBCの日本代表候補としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。田澤純一投手は、日本では知名度があまり大きくありませんがそれには理由がありま...

≫続きを読む

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

このページは、侍ジャパンのメンバーである大谷翔平(日本ハム)の2016年の成績や年俸をみていっています。それと併せて、2017年に行われるWBCの侍ジャパン代表として、どんな活躍をしてほしいのか。その期待についてお伝えしています。まずは、大谷翔平の2016年の成績についてみていきたいと思います。大谷...

≫続きを読む

則本昂大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、2017年に行われるWBCの侍ジャパンのメンバーである則本昂大(楽天)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBCの日本代表として則本昂大投手に期待することなどについてもあわせてお伝えしています。まずは、2016年の則本昂大投手の成績についてみていきます。則本昂大は、...

≫続きを読む

増井浩俊(2016)の成績と年俸!侍ジャパンでの期待はコチラ

このページは、侍ジャパンのメンバーである増井浩俊(日本ハム)の2016年の成績や年俸をみていっています。それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表として活躍をしてほしいのか。どんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の増井浩俊選手の成績についてみていきます。...

≫続きを読む

秋吉亮の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、2017年3月に行われるWBCの日本代表のメンバーである秋吉亮(ヤクルト)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBCの侍ジャパンとして秋吉亮投手に期待することなどについてもあわせてお伝えしています。まずは、2016年の秋吉亮投手の成績についてみていきます。秋吉亮は、...

≫続きを読む

千賀滉大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、侍ジャパンのメンバーである千賀滉大(ソフトバンク)の2016年の成績や年俸をみていっています。それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表としてどんなことについて期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の千賀滉大選手の成績についてみていきます。千賀滉大は、...

≫続きを読む

菊池雄星(2016)の成績と年俸!ここが凄い!?

このページは、侍ジャパンのメンバーである菊池雄星(西武)の2016年の成績や年俸をみていきます。それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの日本代表として、菊池雄星投手にどんなことについて期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の菊池雄星投手の成績についてみていきます。菊池雄星は、西...

≫続きを読む

武田翔太(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、侍ジャパンのメンバーである武田翔太(ソフトバンク)の2016年の成績や年俸をみていっています。それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんなことについて期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の武田翔太投手の成績についてみていきます。武田翔太は、ソフト...

≫続きを読む

森福允彦(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

このページは、WBCの日本代表のメンバーである森福允彦(巨人)の2016年の成績や年俸をみていっています。それと同時に、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパンのメンバーとしてどんな活躍を期待すのかについてもお伝えします。まずは、2016年の森福允彦投手の成績と年俸についてみていきます。森福允彦は...

≫続きを読む

牧田和久(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

このページは、3月に開催されるWBCの侍ジャパンのメンバーに選出された牧田和久(西武)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、第4回のWBC日本代表としてどんな活躍をしてほしいのかについてもお伝えいたします。まずは、2016年の牧田和久選手の成績についてみていきます。牧田和久は、先発...

≫続きを読む

石川歩の2016年の成績と年俸!どんな投手?

このページは、3月に開催されるWBCの侍ジャパンのメンバーに選出された石川歩(ロッテ)の2016年の成績や年俸をみていきます。それと同時に、2017年・第4回のWBC日本代表としてどんな期待をしているかについてもお伝えいたします。まずは、2016年の石川歩選手の成績についてみていきます。石川歩は、千...

≫続きを読む

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

このページは、侍ジャパンのメンバーである菅野智之(巨人)の2016年の成績や年俸をみていっています。それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表として活躍をしてほしいのか。どんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の菅野智之選手の成績についてみていきます。菅野...

≫続きを読む

野村祐輔(2016)の成績と年俸!ここがすごい投手!?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである野村祐輔(広島)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表の一員としてどんな活躍をしてほしいのかについてお伝えします。まずは、2016年の野村祐輔選手の成績についてみていきます。野村祐輔は、2...

≫続きを読む

藤浪晋太郎(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである藤浪晋太郎(阪神)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパン代表としてどんな活躍をしてほしいのかについてもお伝えいたします。まずは、2016年の藤浪晋太郎選手の成績についてみていきます...

≫続きを読む

岡田俊哉(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

このページは、WBCの侍ジャパン(日本代表)メンバーである岡田俊哉(中日)の2016年の成績や年俸をみていっています。それにプラスして、2017年、第4回のWBC侍ジャパン代表として活躍をしてほしいのか。どんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の岡田俊哉選手の成績についてみてい...

≫続きを読む

大瀬良大地(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

このページは、侍ジャパン(WBC)のメンバーである大瀬良大地(広島)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の日本代表としてどんな活躍をしてほしいのかについてもお伝えいたします。まずは、2016年の大瀬良大地選手の成績についてみていきます。大...

≫続きを読む

宮西尚生の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

このページでは、2017年3月に開催されるWBCメンバーである宮西尚生(日本ハム)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、侍ジャパン(日本代表)としてどんな期待をしているのかについてもお伝えしていきます。まずは、2016年の宮西尚生投手の成績についてみていきます。その後に、宮西尚生投...

≫続きを読む

松井裕樹(2016)の成績と年俸!どこがすごい?

このページは、侍ジャパン(WBC)のメンバーである松井裕樹(楽天)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の日本代表としてどんな活躍をしてほしいのかについてもお伝えいたします。まずは、2016年の松井裕樹選手の成績についてみていきます。松井裕...

≫続きを読む

平野佳寿(2016)の成績と年俸!ここがすごい!

このページは、WBCの日本代表メンバーである平野佳寿(オリックス)の2016年の成績や年俸をみていきます。それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパン代表としてどんな期待をしているのかについても考えていきます。まずは、2016年の平野佳寿選手の成績についてみていきます。平野...

≫続きを読む

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである菊池涼介(広島)の2016年の年俸や成績をみていっています。それにプラスして、2017年3月に行われる侍ジャパンのWBC代表としてどんな活躍をしているのか。どんなところを期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の菊池涼介選手の成績についてみて...

≫続きを読む

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである坂本勇人(巨人)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それと併せて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として坂本勇人選手にどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の坂本勇人選手の成績についてみていきます。坂本勇...

≫続きを読む

松田宣浩(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

このページは、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパ(日本代表)ンのメンバーである松田宣浩(ソフトバンク)の2016年のシーズン成績と年俸についてみていきます。それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として松田宣浩選手にどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まず...

≫続きを読む

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

このページは、WBCのメンバーである中田翔(日本ハム)の2016年の打撃成績と年俸についてみていっています。それに加えて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として中田翔選手にどんな活躍を期待すのかについてみていきます。まずは、2016年の中田翔選手の成績についてみていきます。中田翔は賛否両論...

≫続きを読む

内川聖一(2016)の成績と年俸!WBCでの期待すること!

このページは、侍ジャパンのメンバーである内川聖一(ソフトバンク)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、WBCが行われる2017年3月にの侍ジャパンとしてどんな活躍をするのかについてみていきます。まずは、内川聖一選手の2016年の成績についてみていきます。内川聖一はソフトバ...

≫続きを読む

山田哲人(2016)の成績と年俸!どこが凄い選手なの?

このページは、侍ジャパンのメンバーである山田哲人(ヤクルト)の2016年の成績と年俸についてみていきます。またそれとあわせて、WBCが行われる2017年3月にの日本代表としてどんな活躍を期待するかもお伝えします。まずは、山田哲人選手の2016年の成績についてみていきます。山田哲人はヤクルトスワローズ...

≫続きを読む

中島卓也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?

このページは、WBCの侍ジャパンメンバーである中島卓也(日本ハム)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、WBCが行われる2017年3月の日本代表としてどんな活躍をするのかについてみていきます。まずは、中島卓也選手の2016年の成績についてみていきます。中島卓也は日本ハムフ...

≫続きを読む

田中広輔(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

このページは、WBCの侍ジャパンメンバーである田中広輔(広島)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、2017年3月開催のWBCが行われる日本代表としてどんなことを期待するのかについてみていきます。まずは、田中広輔選手の2016年の成績についてみていきます。田中広輔は広島カ...

≫続きを読む

中村晃(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

このページは、WBCの日本代表メンバーである中村晃(ソフトバンク)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、WBCが行われる2017年3月の侍ジャパンとしてどんなことを期待するのかについてみていきます。まずは、中村晃選手の2016年の成績についてみていきます。中村晃はソフトバ...

≫続きを読む

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである筒香嘉智(DeNA)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの侍ジャパンとして4番に?などの期待することについても考えていきます。まずは、2016年の筒香嘉智選手の成績についてみていきます。筒香...

≫続きを読む

鈴木誠也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?

このページは、WBC(ワールドベースボールクラッシック)侍ジャパンのメンバーである広島カープの鈴木誠也の2016年の成績と年俸についてみていきます。それとあわせて、2017年3月に行われるWBCで、の侍ジャパン(日本代表)としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。まずは、鈴木誠也選手の2...

≫続きを読む

秋山翔吾(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである西武ライオンズの秋山翔吾の2016年の成績と年俸についてみていきます。それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。まずは、秋山翔吾選手の2016年の成績についてみていきます。秋山翔吾は西...

≫続きを読む

柳田悠岐(2016)の成績と年俸!どんな選手?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーであるソフトバンクホークスの柳田悠岐の2016年の成績と年俸についてみていきます。WBC/2017に柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。まずは、柳田悠岐...

≫続きを読む

平田良介(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである中日ドラゴンズの平田良介の2016年の成績と年俸についてみていきます。それとあわせて、3月6日から開催されるWBCの日本代表としてどんなところを期待するのかについてもみていきます。まずは、平田良介選手の2016年の成績についてみていきます。平田良介は中...

≫続きを読む

青木宣親(2016)の成績と年俸!こんな選手!?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーのメジャーリーガー青木宣親の2016年の成績と年俸についてみていきます。それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。まずは、青木宣親選手の2016年の成績についてみていきます。青木宣親はヤクル...

≫続きを読む

大野奨太の2016年の成績と年棒!どんな選手なの?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである大野奨太(日本ハム)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それにプラスして、2017年3月に開催されるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の大野奨太選手の成績についてみていきます。大野奨太は2...

≫続きを読む

嶋基宏(2016)の成績と年俸!WBCで期待すること!

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである嶋基宏(楽天)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それにプラスして、2017年3月に開催されるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。まずは、2016年の嶋基宏選手の成績についてみていきます。嶋基宏はここ数年にか...

≫続きを読む

小林誠司(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである小林誠司(巨人)の2016年の成績と年俸についてみていっています。それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの侍ジャパンとしてどんな期待をすのかについて考えていきます。。まずは、2016年の小林誠司選手の成績についてみていきます。小林誠司はここ数...

≫続きを読む