WBC,2017,メンバー,落選

WBC・2017のメンバーで落選した有力選手とは?

悩み

 

2017年3月に行われる第4回WBCのメンバーが発表されました。そこで今回は落選した有力選手をみていきます。

 

WBC/2017最新の日本代表メンバーはコチラ!

 

過去3回行われたWBCにおいて、第1回、2回は日本人メジャーリーガーも参加し、ほぼ「ドリームチーム」を構成できた侍ジャパンです。

 

 

 

 

しかし、第3回大会においては、イチローを含めてメジャーリーガーが一人も出場しないという状況になり、大会も準決勝で敗れるという結果になりました。第4回大会でもメジャーリーガーはアストロズの青木宣親選手だけになっています。

 

 

 

それでも、有力であった選手が侍ジャパンの代表を逃すなど良い選手が落選しています。なので、今回に選ばれた選手と引けをとらないような選手について具体的にみていきます。

 

 


Sponsored Link

 

 

投手が最大のポイント

 

【投手】

 

増井浩俊(日本ハム)

 

宮西尚生(日本ハム)

 

石川歩(ロッテ)

 

秋吉亮(ヤクルト)

 

菅野智之(巨人)

 

牧田和久(西武)

 

岡田俊哉(中日)

 

平野佳寿(オリックス)

 

千賀滉大(ソフトバンク)

 

藤浪晋太郎(阪神)

 

大谷翔平(日本ハム)

 

松井裕樹(楽天)

 

則本昂大(楽天)

 

 

 

落選した中で、正直驚いたのは武田翔太(ソフトバンク)が一番びっくりしましたね。メジャーリーガーが選ばれない中で、武田翔太が選ばれないのはなにか理由があるのでしょうか。

 

 

 

またもう一人貴重なサウスポーとして私は、菊池雄星(西武)が選ばれていないのが正直びっくりですね。あと、巨人の田口麗斗もまた落選しています。

 

 

 

そして、日本代表(侍ジャパンの悩みのたねになっている抑えについては広島カープの中崎翔太。2017年から巨人に移籍した山崎康晃も選ばれてもおかしくない選手でした。

 

 

 

巨人の沢村投手も落選しています。そんな中で、2016年の成績が悪かった阪神の藤浪晋太郎は滑り込みで侍ジャパンのメンバーに選ばれています。なので、落選した選手が決して実力がないわけではありません。

 

 

 

小久保監督の好みの問題もありますし、選手構成の問題もあって選出されたということになるでしょう。投手については本当に選手層が厚いですからね。

 

 


Sponsored Link

 

 

捕手と内野手はお馴染みのメンバー

 

【捕手】

 

嶋基宏(楽天)

 

大野奨太(日本ハム)

 

小林誠司(巨人)

 

 

 

捕手の枠は3人です。嶋、大野が決定の状況で3人目に入ってきたのは、巨人の小林誠司選手です。強化試合でパスボールを連発していただけに落選の噂もありましたが選ばれました。

 

 

 

逆に、西武の炭谷銀次郎と森友哉、ヤクルトの中村悠平、ロッテの田村、阪神の原口といったところの選手は落選しました。この3番手の捕手はなぜ小林誠司なのかはちょっと疑問ですね。

 

 

 

他にも挙げられている選手らの方が優れている点が多いように感じます。この辺りは、小久保監督の好みになってくるように思います。個人的には、ちょっと残念な気持ちですね。

 

 

 

【内野手】

 

松田宣浩(ソフトバンク)

 

坂本勇人(巨人)

 

中田翔(日本ハム)

 

菊池涼介(広島)

 

田中広輔(広島)

 

山田哲人(ヤクルト)

 

 

 

内野手はほぼ固定されていますが、報道では有力視されていた中島卓也(日本ハム)が落線しました。また、川崎宗則や今宮健太、サードのバックアップで川端慎吾などが候補となります。

 

 

 

山田哲人と菊池涼介のポジションをどうするか。山田がサードの守備に不安があると考えられるため、ファーストで山田を起用・サードのバックアップを選出という可能性が高いと思われます。

 

 

 

残りの1枠は上記の選手らが選出になるのでしょうか。ショートのバックアップがいないというのはなんとも心もとないですよね。なので、かなりの確率で今後、1枠に入ってくる可能性があると思います。

 

 

 

 

外野はメジャー参加で落選続出も!?

 

 

【外野手】

 

秋山翔吾(西武)

 

内川聖一(ソフトバンク)

 

筒香嘉智(DeNA)

 

鈴木誠也(広島)

 

青木宣親(アストロズ)

 

平田良介(中日)

 

 

 

外野手は正直驚きましたが柳田悠岐(ソフトバンク)が落選しています。他にも、西川(日本ハム)や角中(ロッテ)なども落選しています。残りの1枠にイチローが入るのかどうなのかによってこの辺りは流動的ですね。

 

 

 

平田良介選手はこれまで、日本代表に選ばれてなかっただけに正直選出は驚きました。他にも外野手にはたくさんいる中で選出ということで、タイプ的に長打が打てるというところが考慮されてのことかなと思います。

 

 

 

いずれにしても、残り1枠が内野手か外野手から選ばれます。ここに上がっている人たちのほとんどが落選という形になってしまうのはとても残念ですね。残り一枠をが外野手にするのか。内野手にするのか。

 

 

 

イチローのために1枠用意されているのか。否か。その辺りが今後の最終メンバーで発表されるでしょう。それにしても、怪我明けとはいえ柳田選手の落選は正直にびびりましたね。

 

 

 

いずれにしても今回のWBC王座奪還を目指し、侍ジャパンには頑張ってほしいと思います。それと併せて、出場した選手には2017年シーズンも頑張って欲しいなと思います。

 

 

 

WBCの代表については、誰が出ても超一流です。そこにイチローが加わるのかどうか。それが、今後の焦点になっていくでしょう。最後の最後までメンバー発表が楽しみですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!

 

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由を暴露!

 

2017年のWBCメンバーの辞退者一覧はコチラ!

 

2017年WBCのメンバーを岩隈久志は辞退するの?

 

WBC/2017残りメンバーに西川遥輝が選ばれる?

 

WBC(2017)のアメリカは本気で優勝を狙ってくる?