WBC,2017,メンバー

WBC(2017)の正式なメンバー発表はいつ行われるの?

メンバー

 

2017年3月に第4回のWBCが行われます。4年に1度の絶対に負けらえない戦いのが始まるのです。

 

WBC/2017最新の日本代表メンバーはコチラ!

 

そこで、このぺージでは「WBCの正式なメンバー発表がいつになるのか」についてお伝えしています。

 

 

 

 

最終的な正式メンバーに先だって、現在では19名の日本代表メンバーが発表されました。登録人数は28名なので残り1名の選出になります。

 

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!

 

 

 

言うまでもなく、WBCは国同士の野球世界一決定戦になります。なので、侍ジャパン(日本代表)も最強の布陣で世界の頂点を目指したいところです。イチローは今回のメンバーに選ばれるのか。

 

 

 

はたまた、ほかのメジャーリーガーはどうなるのかといったところに注目が集まりますよね。メジャーリーガーは各人と球団の可否がありますので、発表はバラバラに行われる模様です。アストロズの青木宣親選手は参加を表明しています。

 

 

 

逆に、侍ジャパンの抑えとして期待されていた上原浩治投手は新しく所属することになったカブスから出場をストップされました。日本の勝利ということだけを考えると上原浩治投手の辞退はいたいですね。

 

 

 

これは、イチロー選手がメンバーとして発表されるかどうかよりも重要なことだったように思います。それだけ、今のメンバーの中で投手の抑え(クローザー)は小久保監督が頭を悩ませているところなのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBC/2017のメンバー登録は2月6日まで

 

 

さて、そんなクローザーに頭を悩ます2017年3月開催のWBCですが正式な発表の登録期限というのがあります。その、登録期限は2月6日になっています。なので、それまでの間に残り1名のメンバーすべてを登録しなければなりません。

 

 

 

なので、1月末日までには正式なメンバーのすべてが発表されるでしょう。思えば、日本は「侍ジャパン」という名称のもと第1回大会の2006年と2009年の第2回大会を連覇しました。

 

 

 

これには、イチローをはじめとするメジャーリーガーの力が大きく影響しました。しかし、2013年の第三回大会は日本人メジャーリーガーは誰一人として参加せず、準決勝で伏兵のプエルトリコに完敗を喫しました。

 

 

 

そして、第3回大会はドミニカ共和国が全勝という圧倒的な強さで初優勝を飾りました。その後日本は侍ジャパンを常設化し、シーズンオフ毎に強化試合を積極的に行うなど、チーム力の底上げに注力してきました。

 

 

 

しかしながら、世界ランキング1位で迎えた昨年11月に行われたプレミア12という世界大会では、敗れています。決勝戦の9回まで韓国に3点リードしながら、抑え投手がことごとく崩れて大逆転負けを喫しました。

 

 

 

近年の侍ジャパン(日本代表)はいまだ世界ランキング1位を守っているとはいえ、世界的に見ても絶対的な強さがあるとはいえない状況が続いています。だからこそ、上原浩治投手の待望論が巻き起こっていたのです。

 

 

 

世界大会での抑えのプレッシャーに耐えられる投手として上原浩治投手が期待されていたわけです。残念ながら異なる選手を早急に抑えとして考える必要があります。

 

 

 

各国もメジャーリーガーの参加が続々と発表されてきています。アメリカ代表や連覇を狙うドミニカ共和国、メジャーリーガーがズラリと揃うベネゼエラなど強豪国が世界一の称号を今回は本気でとりにきています。

 

 

 

日本は第1次ラウンドで予選を勝ち上がったオーストラリアを含め、かつて世界ランキング1位のキューバ。そして近年成長著しい中国と争います。その本戦を迎える侍ジャパン日本代表メンバー残り1名が非常に気になりますね。

 

 

 

残り1人は野手になると小久保監督が明言していますので、それがどうなるのか。そして、田中将大投手や前田健太投手などのアメリカラウンドからの参加があるのかによっても日本が上位に行けるかどうかのポイントだと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

2月6日までに正式メンバー発表

 

 

準備期間などを考慮に入れて先行メンバーを発表している小久保監督ですが、残りの1名についても覚悟が必要となるでしょう。なので、ギリギリにならないように2017年1月末までに発表になるのではと推測されます。

 

 

 

メンバーの選定にあたってどうしても必要となってくるのがメジャーリーガーの参加可否です。なので、最終的にはそこの調整次第で発表が早くなったり遅くなったりするでしょう。

 

 

 

2016年シーズンは日本代表クラスのクローザーが軒並み成績を落としました。一方メジャーには上原投手をはじめとした抑えの実績が素晴らしいクローザーがいます。

 

 

 

そのため、今回のメンバー選出にあたり、メジャーリーガーが参加することになるのか否かは、チーム力に大きな影響を及ぼします。侍ジャパン日本代表の小久保監督は今後メジャーリーガーと面談をすすめ、参加の可否を見定める方針のようです。

 

 

 

上原浩治投手の代わりに同じレッドソックスで長年活躍していた田澤純一投手が参加してくれたら助かるんでしょうけどね。ただ、マーリンズに移籍して1年目なのでそれも本人の意思だけではどうにもならないでしょう。

 

 

 

WBCが終わるとすぐに、2017年のペナントレースが始まります。侍ジャパン日本代表選手の皆さんが、来る2017年シーズンに更なる活躍ができるよう、WBCで怪我がなく活躍してほしいですよね。

 

 

 

その結果として、日本に2大会ぶりのWBC優勝をもたらしてくれることを祈っています。できればメジャー組も参加してほしい。その中でも、田澤投手にWBCに出て欲しいなって個人的には思っています。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!

 

WBC(2017)の優勝予想をしてみました!

 

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

 

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

2017年のWBCにはイチローは参加するの?

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由を暴露!

 

WBC/2017残りメンバーに西川遥輝が選ばれる?