WBC,2017,侍ジャパン,正捕手

WBC(2017)で侍ジャパンの正捕手は●●にすべきだ!

キャッチャー

 

 

2017年3月にWBC(ワールドベースボールクラシック)がおこなわれます。

 

 

そこで、選手選考を予想します。今回取り上げるのは『侍ジャパンの正捕手』です。

 

 

 

 

今回の正捕手を予想する前に、第1回から3回までの「侍ジャパンの正捕手」を振り返って見ましょう。第1回は、里崎智也(元千葉ロッテ)。第2回は、城島健司(元シアトルマリナーズ)。

 

 

 

第3回は、阿部慎之助(巨人)です。これまでの正捕手を見ると一つの共通点が見えます。それは、『打てるキャッチャー』です。現状で選ばれているのは、日本ハムから大野奨太、嶋基宏が選出されています。

 

 

 

WBCにおいて、上位進出が見込まれるチームはいずれも強打を誇るチームです。さらにWBCで使うボールの影響は大きく、前回大会・前々回の大会で日本はなかなか相手先発を打ち込めず、苦戦するケースがだんだん増えてきています。

 

 

 

そうなったときに、打てる捕手というのは非常に重要かつ貴重です。なぜなから、打てない選手が1名いるだけでその選手のところで打線に切れ目ができてしまうからです。それでは現状でWBCでの侍ジャパンの捕手は誰がいいのでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

打てるキャッチャーが今いない?

 

 

今シーズン、各チームの主力捕手は軒並み打撃で苦労しました。例えば巨人の若手ホープである小林の打率は2割がやっとという状態であり、今年ルーキーで最も多く捕手として試合に出た横浜DeNAベイスターズの戸柱は.226というレベルです。

 

 

 

守備力が最も高いのは西武の炭谷銀仁朗ですが、いかんせん極度の貧打であり、また優勝した広島の正捕手、石原はもう30代後半に差し掛かっているため、次世代の捕手があまり育っていません。

 

 

 

一方強打の捕手が全くいないわけではありません。西武の森友哉や、中日ドラゴンズの杉山翔大、阪神タイガースの原口文仁、北海道日本ハムファイターズの近藤健介などがあげられます。

 

 

 

しかしながらこれらの選手は、全員守備に大きな課題を抱えているため、現時点ではWBC(2017)で侍ジャパンのホームベースを任せることが難しいと考えられます。

 

 

 

例えば森友哉は、捕手に本格的に復帰したのが2016年シーズンからであり、まだプロにおいて1年間捕手で出場したことはありません。

 

 

杉山翔大は肩が非常に弱いことが不安であり、原口文仁は腰痛もちであるため、なかなか捕手での継続的な出場が難しいことに加え、インサイドワークやキャッチングに不安を抱えています。

 

 

 

近藤健介は高校時代、名門横浜高校でキャッチャーをやっており、それなりの守備力は本来あった選手ですが、あまりに打撃が良いため、外野やサードとして試合に出場するケースが多く、現在ではあまりキャッチャーとしては期待ができません。

 

 


Sponsored Link

 

 

楽天の嶋を正捕手が妥当

 

 

こうしてみると、本来最も打撃と守備のバランスが取れているのは楽天の嶋基宏といえるのではないでしょうか。今シーズンの打撃も出場80試合ながら.271というキャッチャーとしては悪くない打率です。

 

 

 

OPSも0.7の中盤でもあるため悪くない水準です。現時点では、最有力といえるものの、嶋の最大の課題は怪我が多いということです。フル出場したのは楽天が日本一に輝いた2013年だけです。

 

 

 

毎年怪我で十数試合〜数十試合欠場しているのが嶋です。なので、控えのキャッチャーとして期待したいのは田村龍弘(千葉ロッテ)です。打撃面では他のメンバーに劣るるものの意外性の一発がある。

 

 

 

田村に期待したい役目は、怪我しがちな嶋の負担を軽減させるための抑えキャッチャーです。先発キャッチャーを一試合予選ラウンドから使い続けるとやはり、それなりのデータが相手に出てしまいます。

 

 

 

そこで終盤のセットアッパー、ストッパーとセットでの交代で試合を締めてという考えです。キャッチャー2人体制すると、疲労度の軽減(シーズン前のプレッシャーの中戦う為シーズンに入ってからの体調面の考慮)も必要となります。

 

 

 

田村は今年高卒4年目でAクラス、クライマックスシリーズにも進出し、短期決戦の経験もあります。しかし、WBCでは一発勝負です。なので基本的には正捕手として嶋が日本代表のホームベースを守る。

 

 

 

それだけでは、不安定な部分もあるので田村が控える。それが、日本が世界一を奪還する最良の選択ではないでしょうか。小久保監督には正捕手に嶋を選んでほしいと強く願っています。また、もう一人の捕手に田村龍弘を選出してほしいです。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの抑えの中心は誰になるのか?

 

WBC/2017日本代表メンバーはコチラ!

 

WBC(2017)の正式なメンバー発表はいつ行われるの?