WBC,強化試合,結果

WBCの強化試合(11月)の結果を見た感想はコチラ!

スコアボード

 

 

侍ジャパンが2017年のWBC制覇に向けて11月に強化試合を行いました。

 

 

多くの野球ファンが2017年WBCを戦う侍ジャパンのメンバーを見守ったことだと思います。

 

 

 

 

不安を覚えたファンの方や確かな手応えを感じたファンの方と様々ではないでしょうか?侍ジャパンの強化試合の結果を見て多くの感情を抱いたと思いますが、好材料と言える点、不安材料と言える点と様々でした。

 

 

 

まず、一番目立った点で言えば大谷翔平の躍動ではないでしょうか?東京ドームの右中間の一番深い部分に飛び込んだ特大アーチや、天井に入り込んだほどの打球を放ったホームランは今後も語り草になることでしょう。

 

 

 

しかし、この大谷翔平の活躍に強い不安を感じました。果たして大谷翔平はWBCの本線でもDHで出場、もしくは野手として出場するのだろうか?という点が非常に不安に感じました。

 

 


Sponsored Link

 

 

大谷翔平の活躍が逆に不安

 

 

多くの場面で大谷翔平という存在が一歩目を踏み出したり流れを変える一打を放ちました。今回の強化試合はコンディションを考慮した上で野手として出場しましたが、肝心の2017年のWBC本戦ではどうなっているでしょうか?

 

 

 

恐らく投手として起用される可能性が非常に高いと思います。レギュラーシーズンと同じようにリアル二刀流を解禁するでしょうか?球数制限のあるWBCでは大谷翔平が降板した後の展開を考えるとDHの解除はリスクを背負うという側面が強い。

 

 

 

なので、レギュラーシーズンと同じような効果を期待することはできません。なので、大谷翔平が打線の中心となっているとも言える状態に不安を抱きました。

 

 

野手陣では上記のような不安がありますが、世界制覇を狙うのにあたって好材料もありました。それは、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智の活躍でした。

 

 

 

レギュラーシーズンと変わらず、長打を放ちながらも得点圏でランナーを還す打撃がまったくぶれることなく出来ていたところです。まさしく四番らしい選手と言える打撃をみせていました。

 

 

 

今回は四番打者としての起用はありませんでしたが、まさしく四番打者として最も期待ができる選手と言えます。他にも坂本勇人のレギュラーシーズンと変わらぬ活躍もありました。

 

 

 

また、広島カープの鈴木誠也の「神ってる」という言葉を体現するような活躍など、様々な好材料がありました。打線については心配する必要はあまりないのかも知れません。

 

 

 

打線については、これまでの大会に比べれば心配ないと言えるかも知れませんが、投手陣については多くの不安を抱く結果となりました。多くの投手が失点を重ね、ピリッとしない印象を受けました。

 

 


Sponsored Link

 

 

心配はやはり抑え投手

 

 

プレミア12で痛感したクローザーやセットアッパーの存在と言った部分では不安が拭えていませんでした。先発をリリーフにまわすことも検討する必要があるかもしれません。

 

 

 

かつての大会を振り返ってみても、2009年のWBCでは先発投手として活躍をしていた杉内俊哉投手がリリーフとして獅子奮迅の活躍を見せた結果、世界制覇が実現できたと言っても過言ではないほどでした。

 

 

 

リリーフ専任の投手の存在という点ではなく、日本は投手陣に不安を抱えていると言えるのかもしれません。今回の強化試合では選出されていませんでしたが、則本昂大投手は1イニング限定であれば、無失点で切り抜けてくれる存在です。

 

 

 

回跨ぎがなければ全幅の信頼を置ける投手とも言えると思います。則本昂大投手は先発の柱という役割をチームでは担っていますが、侍ジャパンの強化試合やプレミア12では確かな結果を残しています。

 

 

 

この結果を考えると単純に力がある投手をどれだけそろえることができるか?という点が侍ジャパンの世界制覇のカギを大きく握っていると言えそうです。特に抑え付近の選手が心配ですね。

 

 

 

WBCの本戦に向けてレッドソックスでクローザーを長年務めている上原浩治投手を呼んでほしいなと思います。上原浩治自身は、出場したい意向を示しています。なので、投手陣に不安がある侍ジャパンには必要な存在になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

侍ジャパンの強化試合(11月)のメンバー決定に思うこと

 

WBC/2017日本代表メンバーはコチラ!

 

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

 

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCでの侍ジャパンのサードで最有力は誰なの?