WBC,内川

WBC(2017)で内川は雪辱できるのか?

野球

 

 

野球の世界一を争うワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、2017年3月にいよいよ第4回目を開催します。

 

 

2006年の記念すべき第1回は王監督が率いて見事優勝!続く2009年の第2回は、原監督が率いて大会2連覇!

 

 

 

 

この2度の優勝で日本は世界中に強い国だという事を知らしめました。そしてむかえた2013年の第3回のWBCは、山本浩二監督の下で3連覇を狙いました。しかし結果は、無念の準決勝敗退です。

 

 

 

準決勝では、プエルトリコに3-1で敗れたわけですが、その責任を一人で一身に浴びたのがソフトバンクの内川 聖一です。試合後は、インタビューで泣きながら謝っていましたが、そこまでこれたのは、内川の活躍があってこそ。

 

 

 

ミスは誰にもあるから、仕方がない。内川選手には、2017年に行われる第4回WBCでその雪辱を晴らしてほしいと思います。なので、ここではその内川についてみていきたいと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBC2013で内川が犯した走塁ミス

 

 

WBC大会3連覇がかかったプエルトリコ戦の準決勝は、日本国民だれもが勝つと思っていたとだろう。しかし思いに反して試合は常にプエルトルコペース。なかなか逆転できない侍ジャパンに唯一チャンスが訪れたのが、8回の攻撃でした。

 

 

 

3-1と2点負けてるケースでしたが、1アウトで2塁に井端、1塁に内川がいた状況です。バッターは4番阿部慎之助。この時、首脳陣からはダブルスチールでも、いけたらいけ!という事にはなっていたようです。

 

 

 

しかし結果は、1塁の内川だけスタートを切って、2塁の井端はスタートしなかった。そうなると2塁に行けない内川は1〜2塁間で挟まってタッチアウト。

 

 

もちろん、内川が近づいてきたからと言って井端が途中から、3塁に走り出したら二人アウトになってしまいます。ですから井端が内川を見殺しにしても2塁で止まっておくしかなかったんです。

 

 

 

結果的に続く阿部慎之助をアウトになり、日本は数少ないチャンスをつぶしてしまいまけてしまいました。あの時、内川が走らなかったら・・・あの時、井端とのダブルスチールが出来たら・・・

 

 

 

これはホントにもう紙一重のプレーですから、どんなに世間が内川の暴走と言ってもそれはあくまで結果論です。内川が本来足も速いんのであの時、ダブルスチールしていれば、1アウト2〜3塁ですからね。

 

 

 

阿部のヒットで一気に同点のチャンスだったんです。その時は、確かなにうまくいかなかったですが、今までの思い切った判断をしてそれが勝利に結びついた試合も何度もあるんです。

 

 

 

試合後、内川が全責任を自分で被り、凄いです。山本浩二監督は、「行けたら、行け」なんて中途半端な指示・・・これって結局何も采配してないのと同じじゃないですか?

 

 

 

内川と井端って普段は別のチームにいるわけだし、ましてはセリーグとパリーグほとんど会わないですよね。これが同じチームだったら、もしかしたらアイコンタクトで、盗塁が出来たかも知れません。

 

 

 

でも、もう終わった事です、WBCは4年に一度あるわけだから、前回の雪辱を晴らすためにも2017年は思いっきりいきましょう。

 

 


Sponsored Link

 

 

内川が雪辱を晴らすには

 

 

2017年のWBCも内川は、3期連続で侍ジャパンのメンバーに入っています。前回の悔しさは、忘れたくても忘れられないでしょう。内川は34歳になりますが今シーズンも打率304でホームラン18本です。

 

 

 

まったく衰え知らずなので最強ソフトバンクでも不動の4番です。2017年3月に開幕するWBCでも多くの試合に出場するでしょう。で、内川に期待するのは、ヒットはもちろんいっぱい打てると思います。

 

 

 

その後、ランナーで出た時に前回の事が脳裏にあって、盗塁を躊躇することがないようにしてほしいのです。ダブルスチールは、もちろん慎重になると思いますが、単独盗塁まで過度にストップをかけないようにしてほしいです。

 

 

 

前回の走塁ミスがあったからこそ、いや、あれは内川のミスでも、暴走でもないと私は思いますが、とにかく慎重になり過ぎてプレーが小さくならないようにしてほしいのです。

 

 

 

そうする事によって2013年の雪辱は晴らせるし、もう一度、日本が世界一になる原動力になれるのです。WBC(2017)では、メンバーも内川より若い選手が多くなっているでしょう。

 

 

 

すでにベテランの域でありながら最前線で戦う内川の姿は、若手の良い見本にもなります。2017年に行われる第4回目のWBC期待しています。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC(2017)には日本人メジャー選手は出場するの?

 

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

 

WBCの抑えの中心は誰になるのか?

 

侍ジャパンのWBCの日程はどうなっているの?

 

WBC/2017日本代表メンバーはコチラ!