WBC,2017,メジャー

WBC(2017)に日本人メジャー選手は誰が出場するの?

野球

 

 

2017年3月に迫ったWBC。出場選手の動向が注目されています。

 

 

国内の選手について、広島カープ鈴木誠也など右打ちの強打の外野手がいることや2年連続トリプルスリーの山田、ライオンズ秋山などタイトルホルダーがずらりと並んでいます。

 

 

 

 

メジャーで活躍する日本人選手がこの侍ジャパンに加わると大変頼もしい限りです。そこで今回は、WBC(2017)には、日本人メジャー選手は出場するの?をテーマとしました。まず、現在メジャーリーグに所属している日本人を並べてみました。

 

 

マリナーズ 岩隈久志
マーリンズ イチロー田澤純一
アストロズ 青木宣親
カブス 上原浩治・川崎宗則
ヤンキース 田中将大
レンジャース ダルビッシュ有
ドジャース 前田健太

 

 


Sponsored Link

 

 

野手の方が投手よりも活躍が難しい

 

 

野手3名、投手6名。こうしてみると野手として活躍するのは大変な世界です。メジャーリーグの中で日本人選手の評価は投手の方が高いです。野茂や佐々木など日本人投手の評価を高く保ってきた歴史があります。

 

 

 

制球力、変化球といった点でメジャーリーガーに勝っていると思います。その一方、野手の評価は軒並み低いです。昨年もソフトバンク松田が移籍を試みましたが、メジャー球団の評価としては2塁手としてどうかというものでした。

 

 

 

日本人は肩が弱く打撃も非力というメジャースカウト評でしょう。確かに多少粗くても肩が強く、長打力のある打者がゴロゴロいるメジャーおよびマイナーの世界があります。

 

 

 

なので、日本人選手をなぜとるのかとなったときにとびぬけたものがないと獲得に動きにくいとは思います。松井やイチロー級の選手でなければ厳しい世界です。まんべんなく出来るより秀でたものがある選手の方がよいでしょう。

 

 

 

個人的には、野手3人は全員参加してほしいです。青木は過去大会でも輝いていました。年齢的には、ベテランという年齢でもありませんが国際大会の経験が少ない選手たちに助言したり技術的なアドバイスをしたりしてもらいたいです。

 

 

 

日本で首位打者や最多安打を取った選手でもありますし、良き兄貴分になればジャパンの雰囲気もやりやすい雰囲気になるのではと思います。川アはマイナーとメジャーを行き来してますが持ち前の元気でファンにもチームメイトにも愛されています。

 

 

 

野球をしているときに声が出ていなければ緊張して体が硬くなります。松田とともに元気を出してチームが盛り上がれば非常に戦いやすい集団になるのではないでしょうか。

 

 

 

イチローも今の代表選手らにとっては憧れの存在ですしやはり憧れの存在が同じチームにいれば自分の成長の為にも良いものだと思います。

 

 

 

投手はメジャーで活躍している

 

 

投手は、今年大活躍した前田、怪我から復活したダルビッシュと実績十分です。前田は何と言ってもストレートのキレ、多彩な変化球、抜群な制球力があります。そして投手としての守備力もありゴールデングラブも受賞した選手です。

 

 

 

投手に必要なものがすべてそろっています。また、投げているときの雰囲気は後ろを守っている野手も守りやすいのではないかと思います。味方の守備のミスなどでイライラを表に出さない選手ですから。

 

 

 

ダルビッシュは、プロ野球入団から比べると別人のような体格になりました。トミージョン手術をしてから球速が上がったようにも思います。彼の良いところは非常にポジティブなところです。

 

 

 

怪我をした際も手術をして今の自分より良くなる自分になるのであればうれしいといった旨の発言もありました。ネガティブな人間がいるよりかはポジティブな人間がいたほうがチームにもいいと思います。どこの世界でもそうでしょうけどね。

 

 

 

岩隈はタフな投手になりました。日本時代の故障がちだった時とは雲泥の差です。マリナーズでも主力投手ですし、過去大会の実績もあります。他の投手らも実績十分です。

 

 

 

田澤投手は社会人から直接メジャーに行ったので選考できないと思われますが、参加できるのであれば活躍間違いなしです。これらの選手が参加するかどうかは球団との契約内容が大きいと思います。

 

 

 

メジャーリーグは基本的に契約で動いていますから、個人の今の想いだけではどうこうならないというのが基本です。球団がNOと言えば参加できないですし、過去に松坂がWBCで怪我をしてシーズンを活躍できなかったということもあります。

 

 

 

なので、野手は大丈夫なケースもあると思いますが投手は厳しいということが予想されます。日本の強さを証明したいと思い参加する選手もいるかもしれませんが、それもなかなか厳しいのが日本人メジャーリーガーの実情になるのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBC/2017出場する日本人メジャーリーガー

 

 

1月14日現在で、日本人メジャーリーガーの中でWBC(2017)に出場する選手は青木宣親選手のみになっています。上原浩治投手は移籍したカブスの意向で正式に出場を辞退しています。また、その他の選手についても出場する可能性は低いの現状です。

 

 

 

出場辞退が確実なのは、ダルビッシュ有投手。岩隈久志投手の二人。また、前田健太投手も一部報道で所属球団のドジャースが認めていないために難しいと噂されています。ただ、マエケンとマー君(田中将大)については、今回新しく特別ルールがあります。

 

 

 

アメリカラウンド(決勝ラウンド)から投手のみ2名の選手を入れ替えれるという2017年のWBCからルールが変更になったのです。なので、日本での1次ラウンド、2次ラウンドには参加しないがドジャースタジアムで行われるアメリカの試合では出場できる可能性があります。

 

 

 

なので、まだ準決勝、決勝の舞台で先発するという可能性はまだ残されています。そして、もう一人日本中が気なっている存在のイチロー。こちらについては、第2回のWBCで代表引退を表明しているのでかなり出場は厳しいかなと思います。

 

 

 

野手の場合は、前田健太投手や田中将大投手のようなルールになっていませんから、難しい状況だと思います。所属するマーリンズが認めていてもレギュラーになれていない現状からチームの練習を抜けるということがイチローの性格的には無理だと思うんです。

 

 

 

こうやって考えてみると、今回のWBCに参加を表明した青木宣親選手の決断が際立ちますね。もちろん、投手と野手で球団が認めるかどうかという問題はあるんですけどね。もうしばらく、正式な発表を待ちましょう。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC(2017)の正式なメンバー発表はいつ行われるの?

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない本当の理由を暴露!

 

WBC/2017日本代表メンバーはコチラ!

 

WBC(2017)の優勝予想をしてみました!

 

2017年のWBCにはイチローは参加するの?

 

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

 

WBC(2017)のアメリカは本気で優勝を狙ってくる?