侍ジャパン,メンバー,鈴木誠也

鈴木誠也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?

鈴木誠也

 

 

このページは、WBC(ワールドベースボールクラッシック)侍ジャパンのメンバーである広島カープの鈴木誠也の2016年の成績と年俸についてみていきます。

 

 

それとあわせて、2017年3月に行われるWBCで、の侍ジャパン(日本代表)としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。

 

 

 

 

まずは、鈴木誠也選手の2016年の成績についてみていきます。鈴木誠也は広島カープの中軸を打つ選手に急成長している選手です。打率も残しながら勝負強い選手。しかも、ホームランも打てる。

 

 

 

今後の広島カープをけん引していく存在の一人になることは間違いないでしょう。神ってるという流行語を生みだしたことでも有名ですよね。鈴木誠也の活躍がなければ広島カープのリーグ優勝はなかった。

 

 

 

そういっても過言ではないくらいの活躍を2016年には見せましたね。今後の広島カープが強いチームになっていくには2017年以降も鈴木誠也選手の力が必要になるでしょう。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の鈴木誠也の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 156本
本塁打 29本
打点 95点
打率 3割3分5厘
長打率 6割1分2厘
盗塁数 16回
四球 53
出塁率 4割0分4厘
三振 79回

 

 

※2017年の鈴木誠也選手の年俸は、4300万円アップして6000万円(推定)になっています。

 

 

 

鈴木誠也のここがすごい!

 

 

今シーズン、25年ぶりの優勝を果たした広島カープにすい星のごとく現れ、大車輪の活躍を果たした鈴木誠也。先日行われたWBC日本代表の強化試合に、最年少、最低年俸で代表に選出されました。いったいどんな選手なのでしょうか。

 

 

 

鈴木誠也は二松学舎大付属高校3年の2012年ドラフト2位で広島カープに指名されました。二松学舎大付属時代は1年の秋からエースを務めましたが、結局3年間で甲子園への出場はかないませんでした。

 

 

 

鈴木誠也はエースとしてMAX148km/hを記録した一方、打者としても高校通算43本のホームランを記録し、一塁手としても試合に出ていました。

 

 

入団時は契約金6,000万円、年俸600万円からのスタートでしたが、1年目ながらウェスタンリーグで打率.281と高打率を残すと9月に1軍に昇格しプロ初ヒットも記録するなど活躍したのです。

 

 

 

2年目になると、ウェスタンリーグではショートを守ったほか本職の外野手としても活躍し、36試合という少ない試合でしたが、打率は.344を記録し将来を嘱望されていました。

 

 

 

この年は、U-21の野球ワールドカップでは日本代表の主力として活躍し、首位打者・ベストナインを獲得するほどでした。3年目になると準主力の外野手として1軍に帯同し、95試合に出場。打率こそ.270台であったものの、Opsは.746とまずまずの成績を残しました。

 

 


Sponsored Link

 

 

プロ入り後打者に転向

 

 

もともと鈴木誠也は投手であったものの、広島スカウトがその身体能力の高さにほれ込み獲得した選手でした。プロ入り後、内野手・外野手として活躍した鈴木は、スカウトの眼力が確かであったことを証明したのです。

 

 

 

そして迎えた2016年。オープン戦で2年目の野間とのポジション争いに勝ち、レギュラーの右翼手として起用され続けた鈴木は「神ってる」という流行語大賞候補を生み出すほどの活躍を見せるのです。

 

 

 

交流戦の対オリックス戦では3連戦の1試合目、2試合目でサヨナラ本塁打、3試合目で試合を決める決勝本塁打を放つ大活躍で、おしくも30本の大台に届かなかったものの、ホームランは29本、打率も3割をゆうに超えます。

 

 

 

強打者の証である3割・30本・100打点まであと一息のところまで上り詰めたのです。鈴木誠也は「神ってる」という言葉に表現される通り、非常に勝負強い打者でありそれが最大の魅力といえるでしょう。

 

 

 

2016年シーズンの得点圏打率は.346と非常に高いアベレージを残し、打点も95挙げるなど、非常に高い攻撃力を持った選手であるといえます。また、左投手にも非常に強く、.361の打率を残しています。まさに左キラーそんな選手です。

 

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

WBC日本代表において、外野手の争いは非常に熾烈です。現状では、横浜DeNAベイスターズの4番筒香と、ソフトバンクのトリプルスリー男、柳田がほぼ当確であと枠が一つです。

 

 

 

そこに、メジャーリーグ、アストロズに移籍が決まった青木宣親や、日本の英雄イチロー、日本に目を向けるとシーズン最多安打記録を持つ西武の秋山翔吾などが強力なライバルとして鈴木誠也の前に立ちはだかります。

 

 

 

そこで非常に重要となってくるのが鈴木誠也の勝負強さと左投手に強いという長所です。日本代表候補に挙げられる外野手は鈴木誠也を除き全員が左打ちです。

 

 

それに対し鈴木は右のスラッガータイプということもあるため、ここ一番での代打や相手が左投手の時のスタメン右翼として十分に活躍できる可能性があると考えられます。

 

 

 

チーム編成上、内野手に右打者が多い(中田、菊池、坂本、松田(山田)、大野(捕手)いずれも右打者)ため、スタメンでの出場は望みが薄いかもしれませんが、必ずや日本代表の力になってくれる選手だと思います。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

柳田悠岐(2016)の成績と年俸!どんな選手?

 

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?