侍ジャパン,メンバー,野村祐輔,成績,年俸

野村祐輔(2016)の成績と年俸!ここがすごい投手!?

野村祐輔

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである野村祐輔(広島)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表の一員としてどんな活躍をしてほしいのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の野村祐輔選手の成績についてみていきます。野村祐輔は、2016年の広島カープの躍進を象徴するような投手ですね。ジョンソンと二人で大車輪の活躍をしました。

 

 

 

ストレートとカーブを中心に打たせてとるピッチングをするのが持ち味の投手になっています。野村祐輔投手にとっては、メジャーリーグから復帰した広島カープの英雄・黒田博樹投手の存在も大きかったのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

野村祐輔の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 16勝3敗
勝率 8割4分2厘
投球回 1521回
奪三振 91回
防御率 2.71

 

 

※野村祐輔投手の2017年の年俸については、4800万円アップの1億円(推定)になります。

 

 

 

野村祐輔の特徴

 

 

野村祐輔投手は、2016年のセリーグ最多勝に輝いた選手です。勝率も8割を超えており、勝てる投手になりました。奪三振が少なく、打たせてとるのが特徴の投手です。

 

 

 

野村は140キロ代前半の直球とカーブなどの変化球との組み合わせで打たせて取る投球が持ち味です。また、野村と言えば制球力がいい投手です。あらゆる球を自在に投げます。

 

 

 

剛速球はなくとも直球を速く見せるための投球を心がけているのではないかと思います。今シーズンは前田健太がメジャーリーグに移籍したため、投手陣の底上げが課題となっていました。

 

 

 

過去目立った活躍をしていなかった野村ですが、チームのエースが抜けたことにより自分が頑張らなければという気持ちがわいてきたのではないでしょうか。

 

 

また、三振を取る投手も魅力的ではあるのですが守っている野手からすると打たせて取る投手の方が好まれる傾向があるのも事実です。守備でリズムを作って打撃にも好影響が出るからです。

 

 

 

投手は速い球を投げることに目が行きがちですが、投球術というものを本当にわかっているのは野村のような投手ではないでしょうか。野村といえば悲運のエースといったイメージが強いです。

 

 


Sponsored Link

 

 

甲子園で悲運の投手だった野村祐輔

 

 

高校野球ファンならご存知かと思いますが、夏の甲子園での佐賀北高校との決勝戦で敗戦投手となりました。この試合は広陵高校のペースで進んでいたのですが、8回に流れが変わり逆転満塁ホームランを浴びました。

 

 

 

この年は特待生問題で揺れていた年で、県立の佐賀北高校を応援しているファンが球場内でも多かったようです。広陵高校は完全にヒール役でした。甲子園で応援しているファンはどちらのチームも応援しているということはあまりないです。

 

 

 

必ずと言っていいほどどちらかのチームに肩入れしています。球場が佐賀北を応援しているような異様な雰囲気がありました。明らかなストライクの球を審判がボールとコールし試合後に物議をかましたことがありました。

 

 

 

野村もこの時ばかりはとても驚いた顔をしていました。審判でさえも球場の雰囲気にのまれてしまっていました。本来そういうことがあってはならないのですが、審判も人間です。

 

 

 

ストライクとコールするつもりが手が上がらなかった。というような感覚だったのではないでしょうか。この試合はテレビ中継で見ていましたが、流れが佐賀北にどんどん来ていたのを感じました。

 

 

 

なにか起こりそうだと思ってみていたら満塁ホームランが出たので、こんなことがあるものなのかとびっくりしたのと同時に野球の面白さを再認識したシーンでもありました。野球は見えない流れというものも試合を左右します。

 

 

 

侍ジャパンで期待することとしては、少ない球数で長いイニングを投げ先発投手としての役割を全うすることです。WBCは1次ラウンド、2次ラウンドとそれぞれ球数に制約があります。また球数によって中1日空けたりと細かな制約があります。

 

 

 

そのような決まりがあるために、WBCでは先発投手が長いイニングを投げることが出来ないので第1先発と第2先発という形で1試合に先発投手が2人投げるような対策がとられています。

 

 

 

長いイニングを投げるためには無駄な球を極力省かないといけません。四球のオンパレードは論外です。そういった意味でも制球力の良い野村には期待できます。いかに球数を少なくできるかがWBCで勝ち抜く肝となってきます。

 

 

 

三振を奪うスタイルの投手よりは、少ない球数で打者を打ち取る投手のほうが重宝されます。また、高校でもバッテリーを組んでいた巨人・小林誠司とのバッテリーも実現する可能性があります。これは高校の頃からのファンとしては感慨深いですね。

 

 


Sponsored Link

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

小林誠司(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?