日本代表,メンバー,菊池雄星,成績,年俸

菊池雄星(2016)の成績と年俸!ここが凄い!?

野球

 

 

このページは、侍ジャパンのメンバーである菊池雄星(西武)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの日本代表として、菊池雄星投手にどんなことについて期待すのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の菊池雄星投手の成績についてみていきます。菊池雄星は、西武ライオンズの若手エース格の投手になります。2016年は、二桁勝利を上げこれからの西武を背負ってたつピッチャーと期待されています。

 

 

 

特にいいボールは、ストレートになります。最近は、スライダーやカーブもいい球を投げますがサウスポーから繰り出すストレートが最も魅力の選手になります。

 

 

 

大谷翔平と同じ花巻東高校出身で先輩になりますので、今後は大谷翔平以上の活躍をしたいところです。もともと、大谷翔平は菊池雄星にあこがれて花巻東に入ったという過去があります。

 

 


Sponsored Link

 

 

菊池雄星の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 12勝7敗
勝率 6割3分2厘
投球回 143回
奪三振 127回
防御率 2.58

 

 

※菊池雄星選手の2017年の年俸は、4500万円アップの1億円(推定)になっています。

 

 

 

菊池雄星はどんな投手?

 

 

菊池雄星は、西武ライオンズの左のエースです。2016年シーズンは自身初となる二けた勝利を記録しました。投球回、奪三振ともに物足りない数字ではありますが、防御率は2点台なので飛躍のシーズンとなったのではないでしょうか。

 

 

 

菊池の特徴と言えば、なんといっても最速157キロのストレートです。スライダーやチェンジアップもいい球を投げますが、ストレートが基本にあると思います。フォームはオーバースローというよりは、スリークォーター気味の投手です。

 

 

 

とにかく腕をおもいっきり振る剛腕投手です。左投手で150キロ超のストレートを投げる投手はそんなに多くないために、非常に貴重な存在になりつつあるのではないかと思います。

 

 

 

タイトルはまだとったことがないですが、今後最多勝や最多奪三振などの主要なタイトルをとれるだけの素質をもっている選手です。プロ入りしてから数年はフォームを崩し、活躍できませんでした。

 

 

 

高校時代のような威力のあるストレートが投げられるようになったのは去年から今年にかけてという印象があります。肩甲骨の可動域が広いというのも菊池の特徴の一つです。

 

 

 

可動域が広いとそれだけボールに与える力も大きくなるので速い球を投げることが可能になるのです。これは大谷投手にも共通して言えることです。また柔軟性があれば怪我の抑制にもつながります。高校は岩手、花巻東高校です。

 

 


Sponsored Link

 

 

大谷翔平と同じ花巻東出身

 

 

日本ハムの大谷と同じ高校で菊池が卒業した翌年に入学したのでかぶった時期はありません。プロでの左投手としての最速記録と右投手の最速記録を持っているのがどちらも同じ高校というのは実に驚きです。

 

 

 

なぜかというのは花巻東高校の野球部の取り組みにあるのかもしれません。部員一人一人に目標設定シートという全部で81マスあるシートに目標を書かせています。

 

 

 

大きなテーマを一つ決めて、それに対して何をすればよいかさらに具体的どうすればよいかを考えて記入するようなシートです。明確に何をするべきかがわかりやすく見えるのが特徴です。

 

 

 

曖昧な努力ではなく、実のある努力が出来るという部分で選手の能力が飛躍しやすくなるのかもしれません。菊池と言えば常に全力プレーをする選手です。甲子園では内野に飛んだ打球で全力疾走し、一塁手と接触して怪我をしたこともありました。

 

 

 

しかし、プレーを続けチームの為にエースとして躍動していました。また、ホークスの今宮は春の選抜で菊池と対戦していますが全国にはこんなにすごい選手がいるのかと驚かされたそうです。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待される役割としては、左の先発投手として活躍することです。日本の投手陣は先発の左腕不足です。右投手にいい投手が多いというのもありますがやはり左投手の底上げが日本の課題です。

 

 

 

強化試合ではDeNAの石田や巨人に田口が登板しましたが目立った活躍はしていません。世界に目を向けると、左の強打者は多いいです。大会で勝ち進むためにはそれらの強打者を抑えなければ駒を進めることは絶対と言っていいほど厳しいです。

 

 

 

左打者を抑えるためには左投手の力が必要になります。一般的に左投手は左打者に強く、右投手は右打者に強いとされています。選手によってはそうでないケースがありますが、基本的にはそうです。

 

 

 

試合終盤で左の強打者を迎えたときには、左のサイドスロー投手を送り抑えるというシーンはプロ野球で多く見られ定石とされています。左投手と右打者、右投手と左打者では打者が有利になります。

 

 

 

ボールの出所が見やすくなるというのが要因の一つです。以上のことから左打者を抑えるためには左投手の力が必要となるので菊池にかかる期待は大きくなります。活躍に期待がかかります。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

則本昂大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

 

松井裕樹(2016)の成績と年俸!どこがすごい?