侍ジャパン,メンバー,菅野智之,成績,年俸

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

菅野智之

 

 

このページは、侍ジャパンのメンバーである菅野智之(巨人)の2016年の成績や年俸をみていっています。

 

 

それにプラスして、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン代表として活躍をしてほしいのか。どんな活躍を期待すのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の菅野智之選手の成績についてみていきます。菅野智之は、伝統ある読売巨人軍の現在のエースになっています。クライマックスシリーズに体調を崩して登板できなかったことで非難を浴びました。

 

 

 

巨人の中で最も優秀な投手で、球種が多彩な上にコントロールがすごくいい。ストレートも150キロを超えるボールを投げますし、あまり欠点らしい欠点が見当たらない完成された投手ですね。

 

 

 

しかし、2016年は入団以来初めて二桁勝利を逃した年でもありました。防御率はすごくよかったのですが、打線との兼ね合いで勝てなかった。そんな印象の2016年シーズンでした。

 

 


Sponsored Link

 

 

菅野智之の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 9勝6敗
勝率 6割
投球回 183.1回
奪三振 189回
防御率 2.01

 

 

※菅野智之投手の年俸については、2017年の契約で1億円アップして2億3000万円(推定)になっています。

 

 

 

菅野智之の特徴

 

 

2013年にデビューして以降、読売巨人軍の若きエースの名をほしいままにしている大エース、菅野智之の特徴をみていきます。菅野の最大の強みは、150キロを軽く超えるストレートに、多才な変化球です。

 

 

 

カットボール、スライダー、フォーク、チェンジアップ、シュート、ツーシーム、ワンシーム等多彩な球種に加え、精密なコントロールを持ち合わせている「器用さ」を兼ね備えた投手です。

 

 

 

名実ともに日本球界を代表する投手といえるでしょう。菅野智之は原監督の甥でもあり、2011年ドラフト会議で読売巨人軍が単独1位で指名する予定でした。

 

 

本人も巨人以外は浪人などを視野に入れていることを公言し、巨人の囲い込みが完全に成功したかに見えました。しかし、北海道日本ハムが強行指名し、競合の末交渉権を獲得したのは北海道日本ハムでした。

 

 

 

菅野は当初の予定通り日本ハムの指名を拒否し、母校の東海大学で練習をつみながら1年の浪人生活を送ったのち、2012年ドラフト1位で読売巨人軍に入団しました。

 

 

 

デビューした年にいきなり13勝6敗、防御率3.12の好成績をあげて新人王を獲得しました。この年の日本シリーズでは、初戦で投げ負けた現ニューヨークヤンキース所属でこの年24勝0敗1セーブという成績をあげていた田中将大を相手に投げ勝ちました。

 

 

 

シーズンを通して田中将大に唯一の黒星をつけるなど目覚ましい活躍を果たしました。2014年は12勝、2015年は10勝と3年連続2桁勝利を挙げているものの、2016年は9勝に終わりました。

 

 

 

勝ち星は減らしてしまっているものの、きっちりと試合は作っており、特に2016年は守護神沢村に勝ち投手を消された試合も数試合ありました。さらに特筆すべきは菅野智之の防御率です。

 

 

 

2014年2.33、2015年1.91、2016年2.01と2点台前半という驚異的な成績を上げ続けているのです。そんな状態でありながら勝ち星が減っているほか、2015年は11敗を喫し、貯金が思うように作れていないのが現状です。

 

 


Sponsored Link

 

 

援護に恵まれなかった2016年

 

 

理由は打線の援護に恵まれていないことがあげられます。2016年度16勝で最多勝に輝いた広島の野村投手は防御率2.71でありながら、打線の援護率は5.74点でした。

 

 

同じように広島のジョンソン、12勝をあげた阪神のメッセンジャーも援護率は4点台半ばである一方、菅野の援護率は2.88と低水準でした。理由は巨人軍の打線が2016年あまり機能しなかったことに他なりません。

 

 

 

打線が相手投手を打つことができず、菅野も粘りながらも追いつかれるなどで勝ち星が伸びないケースが多かったようです。象徴的だったのが3月31日の横浜Denaベイスターズ戦です。

 

 

 

巨人は7回まで3点をリードし、菅野はDena打線を6回まで2安打に抑えていました。しかし、7回に荒波、ロペスに出塁を許すと、4番筒香にライトスタンドに放り込まれ同点に追いつかれてしまったのです。

 

 

 

このように打線があと一歩の援護ができず、勝ち星がつかなった試合が非常に多かったというのが2016年の菅野智之でした。こういう年も大エースになるためには必要なのかもしれません。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

WBCでの菅野智之の役割は、間違いなく日本代表のエースとなることです。予選リーグ、2次リーグ、決勝トーナメントで計3試合の登板が見込まれます。当然、相手投手もエース級とあたることが増えてくると考えられます。

 

 

 

そんな中でも、「器用さ」を発揮し、外国のパワーヒッターをなぎ倒し、圧倒的な投球で日本に勝利をもたらしてくれる菅野智之の姿を見たいと思います。とはいえ、菅野の強みは、「器用さ」であることは冒頭から記している通りです。

 

 

 

この「器用さ」が菅野の成長をとどめる要因になることなく、WBCで大活躍し、一皮むけて2017年のペナントレースで一層猛々しい投球を見せてくれる投手に成長してくれることを強く期待しています。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

増井浩俊(2016)の成績と年俸!侍ジャパンでの期待はコチラ

 

野村祐輔(2016)の成績と年俸!ここがすごい投手!?