侍ジャパン,メンバー,筒香嘉智,成績,年俸

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?

筒香嘉智

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである筒香嘉智(DeNA)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの侍ジャパンとして4番に?などの期待することについても考えていきます。

 

 

 

 

まずは、2016年の筒香嘉智選手の成績についてみていきます。筒香嘉智はここ数年の日本の4番というような選手に成長しています。あの張本さんでさえ王貞治さん依頼のバッターというぐらい絶賛しています。

 

 

 

今後も、DeNAを支えていくバッターであることは間違いありません。DeNAが2017年以降に優勝にからめるかどうかもこの選手の活躍なくしては不可能でしょう。

 

 

 

今、最も脂ののっている時期で選手としてのピークを迎えているといっても過言ではないでしょう。2016年も本塁打と打点の2冠王に輝いています。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の筒香嘉智の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 151本
本塁打 44本
打点 110点
打率 3割2分2厘
長打率 6割8分0厘
盗塁数 0回
四球 87
出塁率 4割3分0厘
三振 105回

 

 

※2017年の筒香嘉智選手の年俸は、2億円アップの3億円(推定)になりました。

 

 

 

筒香嘉智のここがすごい!

 

 

筒香嘉智選手はDeNAの4番打者です。今シーズンはなんといっても自己最多のホームランを記録したバッティングが凄かったです。今までの最高は24本でしたが、今シーズンは44本。

 

 

 

もともと50発近くは打てる能力のある選手です。入団時は松井秀喜を超える逸材と騒がれていました。現在の球界の左打者で、ホームランバッターといえば筒香。とみんなが口をそろえていうような存在になりつつあります。

 

 

 

打率も3割前半と好成績を収めています。四球の数も多いので、それが高打率の要因であるともいえます。長打率は7割弱で100本近くが2塁打以上という計算になります。長距離打者の証です。

 

 

 

三振が100を超えいるのが目立ちますが、長距離打者はフルスイングが多い為三振も多くなります。表裏一体といったところでしょうか。またフルスイングはファンが楽しみにしている要素です。逆方向にちょこっと充てるような打撃は面白みがありません。

 

 

 

投手の右、左を苦にしないのでそれが好成績にもつながっています。ホークスのサウスポー森福のような投手ばかりであれば対左投手の打率も下がるかもしれません。守備についてポジションは主にレフトでの出場が多いです。

 

 

 

強打者に多いポジションはレフト、サード、ファーストでしょう。レフトは遠くに投げる機会がライトに比べると少なく、また飛んでくる打球も正直な打球が多くなるため守備の負担が少ないです。打撃に集中できるポジションでもあります。

 

 

 

若いうちは足も動くので外野を任されているかもしれませんが、年を重ね体重が増加してくるとファーストにコンバートということもあるかもしれません。和歌山出身で、中学時代から有名な選手でした。

 

 

 

中学校の時に入っていたチームは西武の森友也も所属していたチームです。高校進学時は、関西の強豪校からも勧誘されたそうですが横浜高校を選んだそうです。高校時代の呼び名は、ハマのゴジラです。

 

 

 

選抜に出場した時のホームランを見たことがありますが、インコースをキレイにさばいてホームランにしていました。インコースを打って切れずにホームランにできるということは、打ち方が上手いということでしょう。

 

 

 

体が早く開いてしまうとファールになってしまいます。並の高校生ではできないような技術を持っていたので、相当な練習を積んでたのではと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBCで侍ジャパンでは4番を打つ?

 

 

侍ジャパンで期待されることとしては、クリーンナップで打点を稼ぐこと、そしてチームの勝ちにつながる打撃です。中田、筒香の4番論争は根強いです。強化試合では中田が4番に起用されました。

 

 

 

年齢も中田が上なので、一番角が立たない起用の仕方です。小久保監督が現役時代、打率が2割を切る中でも4番バッターとして起用し続けた王監督のように中田が不調だとしても4番で起用し続けるのではないでしょうか。

 

 

 

ペナントレースではいいかもしれませんが短期決戦では好不調が明確にでます。WBCでは調子のいいほうを4番として起用することが吉ではないでしょうか。

 

 

 

4番がそのチームで一番いい打者というのは間違いないですが、メジャーリーグでは2番や3番に強打者を置く傾向があるのでそこまで4番にこだわる必要はないのかもしれません。それよりも打順の並びが大事かもしれません。

 

 

 

敬遠しやすい状況を作るような打線の組み方はもっともよくないです。WBCでは4番、あるいは5番での起用になると思います。それ以外の打順は考えられません。

 

 

 

6番くらいはあるかもしれませんが。ここぞという場面で結果を出す選手、一打で流れを変える選手。それが筒香嘉智です。個人的にはやっぱり筒香嘉智の4番がいいと思います。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

侍ジャパンの4番は中田翔?それとも筒香がいい?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

柳田悠岐(2016)の成績と年俸!どんな選手?

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?