侍ジャパン,メンバー,秋山翔吾,成績,年俸

秋山翔吾(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

秋山翔吾

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである西武ライオンズの秋山翔吾の2016年の成績と年俸についてみていきます。

 

 

それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。

 

 

 

 

まずは、秋山翔吾選手の2016年の成績についてみていきます。秋山翔吾は西武ライオンズの中心選手になります。走攻守の三拍子そろったところでレベルの高い選手になります。

 

 

 

秋山翔吾選手と言えば、世界の安打製造機であるイチローの安打日本記録を塗り替えた選手で、アベレージヒッターというイメージですね。実際に、率を残していくタイプの選手です。

 

 

 

2016年シーズンは、他球団にかなり研究されたこともあるのでしょうか。やや成績が落ちてしまいました。ただ、それでも171安打というのはすごい数字だと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の秋山翔吾の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 171本
本塁打 11本
打点 62点
打率 2割9分6厘
長打率 4割2分2厘
盗塁数 18回
四球 77
出塁率 3割8分5厘
三振 103回

 

 

※2017年の秋山翔吾選手の年俸は、5000万円アップの2億円(推定)です。

 

 

秋山翔吾のここがすごい!

 

 

秋山翔吾は、西武ライオンズの不動のレギュラーです。今シーズンも171安打と高い成績を残しています。打点もそこそこ稼いでいて四球も多く打率も3割前後と高いのでとても優秀な選手です。

 

 

 

三振が100を超えているのでその分打率が下がっている印象です。2016年のシーズンは、プロ生活で一番三振の多いシーズンでした。100個以上三振をするのはホームランを狙うバッターなら理解できます。

 

 

 

しかし、秋山はアベレージヒッターなのでこの数字はもう少し改善が必要かもしれません。これはあくまでも予想になりますが、イチローがそうだったようにもう少し長打を打とうと意識した結果なのかもしれません。

 

 

 

また、2015年度に活躍したので苦手なコースなど分析され攻められた結果なのかもしれません。選手としての特徴は50m5秒台の俊足と走広角に打ち分ける巧みな打撃、守備範囲の広い堅実な守りです。

 

 

 

最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブを過去に受賞しましたが、それがすべてを物語っています。2015シーズンは216安打を放ちNPBで最多安打記録を作りました。

 

 

 

シーズンで216安打も打っていると毎試合ほとんどヒットを打っているような印象ではないでしょうか。よくイチローのシーズン210安打と比較されることがありますが、それはまったく意味のないことだと思います。

 

 

 

対戦する投手も違いますし打席での場面も違います。最も試合数が違います。イチローが210安打を放ったシーズンは130試合で現在の試合数よりも13試合も少ないです。

 

 

 

そこを見るとイチローと比較するのは難しいですね。昔よりも投手の投げる球は進化しています。ツーシームであったりカットボールであったりいわゆるストレート系変化球です。

 

 

 

そういう球を現代の投手は投げてきますので今の時代に210安打を放ったイチローがプレーしてどのくらいの成績を残せるのか。200安打近い成績を残すとは思いますがそれはやってみないとわかりません。

 

 


Sponsored Link

 

 

200安打を放つ卓越した技術

 

 

210安打を放ったイチローの方が凄いという意見もあれば、投手のレベルが上がっている現代においては秋山の方が凄いという意見もあるでしょう。考え方次第だと思います。

 

 

 

ですが、200安打以上を打つのは卓越した技術がないとできませんしまたシーズンを通して怪我なく活躍できる体がないとできないので、どちらも凄い選手というのに変わりはありません。

 

 

 

守備は主にセンターを守っていて頭を越すような打球に追いつける球際の強さが特徴的です。また、強肩なので理想的な外野手ですし投手としては秋山がいるからセンターに打球が飛べば安心だという気持ちになると思います。

 

 

 

秋山は幼いころに父親が死去し母子家庭で育ってきました。そういったところで野球ができる喜びや感謝の気持ちを持てる選手です。傲慢な選手ではないのでやはり成長するスピードも他の選手とは比べ物にならないものがあります。

 

 

 

プロ野球においては、母子家庭の選手も多数います。これはプロのスカウトがそういったスカウティングをしているというのもあります。恵まれた環境で野球をやっていればすべてが当たり前になるので感謝の気持ちというのは生まれにくいでしょう。

 

 

 

しかし、母子家庭というのはなにかと気苦労する場面も多いでしょう。家庭の収入も多くはないと思うので、その中で野球をするのは当たり前ではなくさせてもらっているという感謝しかないのです。

 

 

 

プロで成功するにはハングリー精神はもちろんですがそういった感謝の気持ちがないと成長が望めません。プロでの伸びしろにスカウトは重きを置いているのだと思います。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待される役割としては、とにかく出塁をしチャンスメイクをする役割が期待されます。打順としては1番、2番が理想だと思います。1番につながる9番においても能力を発揮できる選手だと思います。

 

 

 

持ち前の打撃・守備で活躍することが容易に想像できます。イチローや青木などの選手の参加によって選ばれるかどうかは流動的なところです。ただ、個人的には選出してほしいですね。

 

 

 

守備固めにもいいですし、代走でもOK。打ってもアベレージが残せる。バッティングは国際大会ではなかなか計算できないところがありますが、守備と足は計算できます。そういった意味では活躍の可能性は大きい選手だと思います。

 

 

 

1、2番でチャンスメイクする姿やセンターを守る守備に期待したいですね。秋山翔吾には、日本代表でもその実力を発揮する野球センスが備わっているように思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

柳田悠岐(2016)の成績と年俸!どんな選手?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?

 

鈴木誠也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?