日本代表,メンバー,秋吉亮,成績,年俸

秋吉亮の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

秋吉亮

 

 

このページは、2017年3月に行われるWBCの日本代表のメンバーである秋吉亮(ヤクルト)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それとあわせて、WBCの侍ジャパンとして秋吉亮投手に期待することなどについてもあわせてお伝えしています。

 

 

 

 

まずは、2016年の秋吉亮投手の成績についてみていきます。秋吉亮は、右サイドハンドがら150キロを超えるストレートを投げるリリーフ投手になります。真っ直ぐが早いしサイドスローですがパワーと技巧を兼ね備えた選手ですね。

 

 

 

また、左打者に対して逃げるシンカーが得意の選手で、スライダーのキレもあります。2016年は本当に成長した投手ですね。今後は、ヤクルトの絶対的なセットアッパー、クローザーになれば、ヤクルトが強くなることは間違いないでしょう。

 

 

 

2017年に行われるWBC日本代表でも外国人選手が苦手なサイドスローからリリーフを任される可能性が高いですね。シンカーやスライダーとストレートのコンビネーションで日本のピンチを押さえて欲しいですね。

 

 


Sponsored Link

 

 

秋吉亮の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 3勝4敗19SP,13HP
投球回 70回
奪三振 68回
防御率 2.19

 

 

※2017年の秋吉亮投手の年俸については、6300万円から4700万円アップして1.1億円(推定)になっています。

 

 

 

秋吉亮はどんな投手なの?

 

 

ヤクルトスワローズの秋吉亮は、秋吉亮は右のサイドハンドながら、直球の球速が150キロ前後出る投手です。足立新田高校、中央学院大学、パナソニックを経て2013年ドラフト3位でヤクルトスワローズに指名されました。

 

 

 

もともとは投手ではなく、高校になって投手に転向、そして1年足らずでチームのエースとなり夏の大会では斎藤佑樹を擁する早稲田実業と接戦を演じ、チームを歴代最高の都大会ベスト4まで押し上げた投手です。

 

 

 

大学時代には中央学院大学でエースとして4年間で14勝を挙げるも、プロにはいかずパナソニックへ進みそこで投手としての才能が開花しました。サイドから球速は150キロに迫ります。

 

 

 

また、左打者には逃げるように沈むシンカーをウイニングショットとしています。ひざ元へのスライダーももっており、一般的にはサイドハンドは左打者に弱いとされながらも、秋吉亮は左打者にそれほど打たれていないのです。

 

 

 

秋吉亮は入団してからリリーフとして、またセットアッパーとして活躍してきました。2014年のルーキーイヤーから登板数は61試合、74試合、70試合と、常に2試合に1度のペースで登板をしている非常にタフな投手です。

 

 

 

2016年もシーズン当初はヤクルトスワローズの勝ちパターンの一角としてセットアッパーを務めていました。しかし、シーズン中盤に、抑えを任されたオンドルセクが首脳陣に造反し、そのまま退団したことで急きょ抑えとして抜擢されました。

 

 

 

抑えに役割が変わっても安定した投球を続け、チーム最多の19セーブを挙げて苦戦したチームの中で輝きを放った1年でした。登板の中で走者を許す機会が非常に少ないことが特徴である投手です。

 

 

 

また、後ろのピッチャーとしてはムダなフォアボールが少ない投手であるため、監督としては計算しやすい投手であるといえます。安定感は抜群にある投手になります。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBCで期待すること

 

 

11月に行われたの強化試合において、秋吉亮は2016年の活躍が評価されて2回目の代表入りを果たしました。そして、日本投手陣がWBC球に適応できず苦しむ中、強化試合の中では唯一といっていいほど安定感のある投球を見せました。

 

 

 

強化試合ではメキシコ戦、オランダ戦のそれぞれ2試合に登板しいずれも無失点に抑え、オランダ戦においては、チームがタイブレークを除き8失点と大きく乱れる中、きっちりと仕事を果たし勝ち投手になりました。

 

 

 

いずれの試合でも、左打者へのスライダー、シンカーと150キロ前後のストレートのコンビネーションで打者をほんろうしていていた投球内容だったといえるでしょう。

 

 

 

先日先行して発表されたWBC本大会の19人に秋吉亮はきっちり名を連ねていました。これは、先の強化試合において、秋吉が小久保監督の信頼を確固たるものにしたことにほかなりません。

 

 

 

WBCでは各国の左の強打者が非常に多い状況で、サイドハンドの秋吉にとっては難しい大会になることが予想されます。しかし、牧田投手と同様に外国人が苦手のサイドスローを武器にピンチを抑えて欲しいですね。

 

 

 

また、WBC球を苦にしないという点で秋吉亮の存在感は非常に大きく、日本代表でも欠かせないセットアッパーとして活躍してくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

増井浩俊(2016)の成績と年俸!侍ジャパンでの期待

 

則本昂大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?