石川歩の2016年の成績と年俸!どんな投手?

石川歩の2016年の成績と年俸!どんな投手?

石川歩

 

 

このページは、3月に開催されるWBCの侍ジャパンのメンバーに選出された石川歩(ロッテ)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それと同時に、2017年・第4回のWBC日本代表としてどんな期待をしているかについてもお伝えいたします。

 

 

 

 

まずは、2016年の石川歩選手の成績についてみていきます。石川歩は、千葉ロッテマリーンズのエース投手になります。武器はなんといってもコントロールです。

 

 

 

決め球はシンカーで、それをコントロールできる技術を持った選手になります。ルーキーから3年連続で二桁勝利の安定したピッチングをしているので、球団やファンからの信頼の厚いピッチャーですね。

 

 

 

また、この投手は右投げですが左バッターを抑えているという特徴がありますね。それだけ、左バッターの外に逃げるシンカーを上手につかっている証拠になるのかなと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

石川歩の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 14勝5敗
勝率 5割9分
投球回 162.1回
奪三振 104回
防御率 2.16

 

 

※2017年の石川歩投手の年俸については、5500万円アップの1億3000万円(推定)になっています。

 

 

 

石川歩はどんな投手なの?

 

 

石川歩は2013年のドラフト1位で千葉ロッテから指名されました。ドラフト前は巨人の一本釣りが噂されていましたが、直前になって千葉ロッテが指名・競合の末ロッテが交渉権を獲得した選手です。

 

 

 

もともと富山の滑川高校から中部大に進み、東京ガスで3年を経てから千葉ロッテに指名された選手です。1年目から千葉ロッテの先発ローテーションに定着し、2桁10勝をマークしました。

 

 

 

2年目の2015年シーズンは貯金こそ作れなかったものの12勝をあげて、2年目のジンクスを吹き飛ばしました。迎えた2016年シーズンはローテーションの柱として大活躍し、14勝をあげます。

 

 

 

貯金を9つ作り千葉ロッテのクライマックスシリーズ進出に大きく貢献しました。また2016年の成績で最優秀防御率を獲得した2.16という数字は素晴らしいですよね。

 

 

 

また、この石川歩投手でもっとも注目すべきは、走者をだすことが少ないということです。これは石川歩の投球スタイルにおいて、四死球が少ないためです。それだけコントロールがいいんです。

 

 

 

フォアボールだけでなくヒットも打たれにくい。そんな特徴がある選手です。そのため二桁勝つことができている投手ですね。石川歩の投球スタイルにおいて、大きな特徴といえば「シンカー」と「コントロール」です。

 

 


Sponsored Link

 

 

石川歩の武器はシンカー

 

 

実は、日本の野球界において、オーバースローの投手でコントロールがよく、シンカーを武器にしている投手は活躍しやすいという傾向があります。例えば福岡ソフトバンクホークスの摂津正投手がその典型例です。

 

 

 

石川歩の2016年の右打者への被打率が.267である一方、左打者への被打率が.209と抑えている結果が出ています。シンカーという球種は左打者から逃げるように沈む変化球です。

 

 

 

ヤクルトスワローズの石川、巨人の内海といった左投手で同じ変化を持つスクリューという球種を持っている投手が近年活躍しているように、右オーバースローでシンカーをもつ投手は非常に稀有です。

 

 

 

左打者はなれないこともあって被打率が低くなっているといえるでしょう。パリーグにおいて、左打者を抑えるということは非常に重要です。なぜならパリーグにおいて左の強打者が非常に多く、各チームとも主力打者だからです。

 

 

 

例えばソフトバンクであれば、2015年のトリプルスリー達成者である柳田であり、中村といった侍ジャパン候補選手であり、日本ハムであれば西川や中島といった1・2番コンビ。

 

 

 

西武では栗山や秋山といったアベレージヒッターであり、いずれもリーグを代表する打者たちがそろっているのです。その左打者に打たれづらい球種を持っている石川が最優秀防御率を獲得できたことは実に理にかなっているといえるでしょう。

 

 

 

また球種以外にもコントロールは石川歩にとって非常に大きな武器となります。特に右打者への外角低めストレート、左打者ひざ元へのストレートのコントロールは球界屈指といっても過言ではないでしょう。

 

 

 

WBCで石川歩に期待すること

 

 

石川歩は2016年11月に行われた強化試合ではあまりいい結果を残すことはできませんでした。しかし、メジャーリーガーにも左の強打者が多く、各国の主力打者といてメンバーに名を連ねてくることが見込まれます。

 

 

 

石川にはそうした強打者を得意のシンカーとひざ元へのストレートを生かして完ぺきに抑えてくれることを期待します!コントロールがすこぶるいいだけに、WBCの2回大会で活躍した岩隈久志投手のような活躍ができる可能性があります。

 

 

 

それぐらい、投球技術はすばらしいものがあります。なので、WBCが終わった後に岩隈久志投手のように石川歩む選手の人気が今以上に急上昇する可能性はありますね。WBCのボールにさえなれることができれば活躍できると思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

増井浩俊(2016)の成績と年俸!侍ジャパンでの期待はコチラ