メンバー,WBC,2017,田中広輔,成績,年俸

田中広輔(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

田中広輔

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンメンバーである田中広輔(広島)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それとあわせて、2017年3月開催のWBCが行われる日本代表としてどんなことを期待するのかについてみていきます。

 

 

 

 

まずは、田中広輔選手の2016年の成績についてみていきます。田中広輔は広島カープのショートレギュラーとして2016年のリーグ優勝に貢献しました。中でもCSでの活躍はめを見張るものがありました。

 

 

 

また、田中広輔の特徴としては体が強いところです。身長こそ171pと低いですが、体はとても丈夫です。また、ショートで1番で足も速く三拍子そろったところが大きな武器になります。

 

 

 

田中広輔のバッティングは、しつこい特徴があります。粘って粘ってという広島カープらしい選手になります。2番を打つ菊池涼介選手とのコンビも絶妙です。守備は、判断が早く守備範囲が広いです。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の田中広輔の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 154本
本塁打 13本
打点 39点
打率 2割6分5厘
長打率 3割7分2厘
盗塁数 23回
四球 77
出塁率 3割6分7厘
三振 119回

 

 

※2017年の田中広輔選手の年俸については、4100万円から3700万円アップの7800万円(推定)になります。

 

 

 

田中広輔はどんな選手なの?

 

 

田中広輔は、神奈川県生まれの27歳です。広島カープでは1番ショートを主に任されています。右投左打ちです。身長は171cmと小柄ですが、がっちりした体格で体の芯の強さを感じます。

 

 

 

2013年に社会人野球のJR東日本からドラフト3位で広島カープに入団します。高校は神奈川県の強豪、東海大相模高校で大学は東海大学です。東海大系列の縦縞は、高校野球ファンでカッコいいと称している人も多くファンも多いです。

 

 

 

高校と大学の同級生には巨人の菅野がいます。1学年下には、日本ハムへ移籍した大田もいました。強豪校となるとドラフトの上位で指名される選手がスタメンに名を連ねますが、これだけ揃っているというのも珍しいですね。

 

 

 

対戦するのが怖いくらいのチームでしょう。このことからも田中広輔選手が高校、大学、社会人と野球のエリートコースを歩んでいることがわかります。なので、野球偏差値の高い選手ですね。高校時代には、二年生の春に甲子園に出場しています。

 

 

 

2回戦で敗退しておりこのころはとくに目立った存在でもなかったのではないでしょうか。高校時代は、高校通算38本の本塁打を放つパワーの持ち主でもありました。

 

 

 

大学時代にはベストナインや首位打者、社会人時代には最優秀選手に輝くなど徐々に頭角を表していきプロに注目されるほどの選手になりました。プロ入り後タイトルを獲得したシーズンはありませんが、2016年のCSでのMVPをとっています。

 

 


Sponsored Link

 

 

田中広輔の凄いところは?

 

 

田中広輔は、すべての能力の水準が高いです。守備もうまく盗塁も出来る。ショートを守る選手は打撃よりも守備が出来る選手が務める傾向にありますが、打撃も出来るショートというのが田中広輔の強みでもあります。

 

 

 

また、体の強さがあるというのが田中広輔の強みです。2016 シーズンは1番ショートとしてフルイニング出場を果たしました。広島カープのショートでは、高橋慶彦、野村謙二郎以来のことです。

 

 

 

野手の中では運動量が多いとされるショートでフルイニング出場するというのは凄いことでしょう。体力プラス怪我をしにくい体というのはプロで活躍していく為の条件です。

 

 

 

怪我をしにくいというのは体の柔軟性もありますが日々の体のケアをしっかり出来ているのだと思います。能力があっても故障しがちという選手はあまり評価出来ませんね。高校時代には殺人スライディングで相手捕手に怪我をさせた過去もあります。

 

 

 

殺人スライディングというと少々オーバーな表現ではあるのですが、ホームでのクロスプレー時に相手捕手の太股めがけてスライディングをしたためにこのように言われています。

 

 

 

普段の田中広輔は温厚な選手ですが、勝負事になると闘志をむき出しにするところがあります。気持ちだけでは試合に勝てないという声もありますが、試合にかける情熱があるということの裏返しでもあるので闘志は大事ですね、特に国際大会では。

 

 

 

田中広輔にWBCで期待することは?

 

 

内野、特にサードやショートのバックアップ要因としての役割が期待されます。ショート以外も守れるというのが田中広輔の強みでもあります。WBCでの侍ジャパンはサードが手薄というのもありますし田中は大事な立ち位置です。

 

 

 

代走や守備固めでの起用が多くなると思いますが走塁では状況判断に長けているので、チャンスを広げるような走塁や重要な場面での得点に期待します。守備も安定したスローイングなど僅差の場面では起用したくなる選手です。

 

 

 

田中広輔が最後の1枠になりましたが、ピンチランナーや守備固めには欠かせない存在になると思います。同じく広島カープの菊池涼介選手と一緒に活躍に期待したいですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

 

内川聖一(2016)の成績と年俸!WBCでの期待すること!

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?