日本代表,メンバー,WBC,2017,

牧田和久(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

牧田和久

 

 

このページは、3月に開催されるWBCの侍ジャパンのメンバーに選出された牧田和久(西武)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それとあわせて、第4回のWBC日本代表としてどんな活躍をしてほしいのかについてもお伝えいたします。

 

 

 

 

まずは、2016年の牧田和久選手の成績についてみていきます。牧田和久は、先発もリリーフもできる西武ライオンズが誇るアンダースローの名投手です。

 

 

 

牧田和久投手がアンダースローから繰り出す多彩な変化球が武器の投手になります。変則投手だけに、打者は練習できないというところがあり打ちにくい部分もあるでしょう。

 

 

 

また、先発でもいけるしリリーフでもでもいけるというところに牧田和久投手の器用なところがあらわれています。それだけ、環境に適応する能力がある投手なのです。

 

 


Sponsored Link

 

 

牧田和久の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 7勝1敗32HP
勝率 8割7分5厘
投球回 78.2回
奪三振 43回
防御率 1.60

 

 

※2017年の牧田和久投手の年俸については、3300万円アップの1億円(推定)になっています。

 

 

 

牧田和久はどんな投手なの?

 

 

稀代のアンダースローの系譜を受け継ぐ男、それが西武ライオンズの牧田和久です。WBCにおいては第1回大会、第2回大会とアンダースローは渡辺俊介というアンダースローの投手がいました。

 

 

 

外国勢の投手陣はサイドスローはいるものの、アンダースロー投手はほとんどいません。マウンド土の上5センチという高さから投げ上げる投法は所見でなかなか打てるものではなく、WBCでも大活躍した投手です。

 

 

 

渡辺俊介に衰えが見えた段階で、すい星のごとく現れたのが西武ライオンズの牧田和久なのです。では、その牧田和久はどのような選手なのでしょうか。

 

 

 

牧田は2016年に往年以上の輝きを取り戻しました。もともとは平成国際大学から日本通運を経て2010年のドラフト2位で西武ライオンズに指名された選手です。2011年のデビュー時は先発を務めていました。

 

 

 

しかし、当時の西武ライオンズは(今もですが)中継ぎ・抑えが大変に脆弱であり、2011年シーズンも逆転負けが目立つようになっていました。牧田はシーズン当初先発で活躍していましたが、ストッパー陣の不調で6月から抑えに転向したのです。

 

 

 

守護神となった牧田和久は1年目の途中から22セーブをあげ、見事新人王に輝いたのです。このときの防御率は2.61と非常に好成績を残しました。

 

 

牧田和久の武器はアンダースローでありながら130キロ中盤を記録するパワー系のストレートと、スライダー、シンカー、チェンジアップなどの多彩な変化球のコンビネーションです。

 

 


Sponsored Link

 

 

多彩な変化球とクイックが凄い

 

 

そして、1秒前後ともいわれる超高速クイックです。このストレートとも握りを数種類変化させることで、微妙な球速差を生みまさに奥行きのあるピッチングをするのが持ち味です。

 

 

 

アンダースローはスピードガン以上にボールがのびて早く感じるといわれますが、それらは牧田の技術がなせる技といえるのではないでしょうか。その後、牧田和久は2年目以降4年目までは1年間を通して先発として機能しました。

 

 

 

その間の防御率は2.43、2.60、3.74です。2014年に急激に防御率が落ちた理由は大きく2つあると考えられます。1つはボールが反発係数の低い所謂「加藤球」から従前の物に戻ったこと。

 

 

 

2つ目がアンダースローの宿命でもある左打者に攻略し始められたということです。アンダースローやサイドスローは左打者にとってはボールの出所が非常に見やすいため打ちやすいといわれています。

 

 

 

牧田は当初こそ「見慣れない」アンダースローだったこともあり、左打者にも通用していましたが、見慣れてきたこともあり左打者にとらえられることが増えてきたのです。

 

 

 

2012年13勝9敗という先発ローテーションの中心として回った牧田和久は、2013年、2014年は打線の援護もあまり受けられることがなく、2年続けて8勝9敗という成績に終わりました。

 

 

 

そして、2015年は途中から抑えを任されたほか、2016年シーズンはシーズン当初から便利屋・セットアッパー・ロングリリーフとして大活躍しました。

 

 

 

50試合登板であるにもかかわらず80イニング弱を投げ、時には初回で先発が崩れた場面で3回以上の超ロングリリーフをこなし、中1日で1イニングを投げるなどの過酷な登板も難なくこなしました。

 

 

 

WBCで牧田和久に期待すること

 

 

第4回のWBCにおいて、牧田和久の果たす役割は重要です。おそらく前回のWBCと同様にクローザーとして登板することもあれば、打順の巡りでセットアッパーとして登板することもあると思われます。

 

 

 

初見ではなかなか打つことができないアンダースローは外国人相手に非常に有効です。また、先発をしていたほどのスタミナもあるため、多少のロングリリーフ、回跨ぎもこなすことが可能です。

 

 

 

WBCにおいては、その器用なところを十分発揮し、手薄と評される日本代表のブルペンを支える大車輪の活躍をしてもらいたいと思います。上原浩治が参加しない今では、後ろを安心して任せられる一人になってほしいと思います。

 

 

 

牧田和久であれば、アンダースローという外国にはあまりいない変則投手でありますしその技術の高さは十分に発揮できると思います。個人的に期待したい投手の一人になりますね。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

宮西尚生の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

則本昂大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

 

田澤純一の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?