侍ジャパン,メンバー,森福允彦,成績,年俸

森福允彦(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

野球

 

 

このページは、WBCの日本代表のメンバーである森福允彦(巨人)の2016年の成績や年俸をみていっています。

 

 

それと同時に、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパンのメンバーとしてどんな活躍を期待すのかについてもお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の森福允彦投手の成績と年俸についてみていきます。森福允彦は、2017年にソフトバンクから巨人に移籍した左のサイドハンド投手になります。リリーフとしては貴重な左サイトハンドの投手になります。

 

 

 

この森福允彦投手は10年以上活躍しているにもかかわらず、通算防御率2.45と毎年安定した働きをしてくれるピッチャーになります。持ち球は、スライダーとシュートがいいです。

 

 

 

サイドハンドの投手であるために、このスライダーとシュートという打者にとっての横の変化球はとても効果的な変化球です。そのコントロールにすぐれた技巧派の投手になります。

 

 


Sponsored Link

 

 

森福允彦の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 2勝1敗18HP
勝率 6割6分7厘
投球回 27回
奪三振 23回
防御率 2.00

 

 

※2017年の森福允彦投手の年俸については、増減なしの1億2000万円(推定)になっています。

 

 

 

森福允彦はどんな投手なの?

 

 

森福允彦は2006年大学社会人ドラフト4巡目でシダックスから福岡ソフトバンクホークスに指名されました。この森福允彦、実は非常に特殊な指名経緯がある選手です。

 

 

 

というのも、豊川高校からシダックスに進んだ2年目、当時競合だったシダックス野球部が廃部となりました。本来高卒は社会人に進んだ場合プロ解禁となるのが3年目ですが、その影響により森福は高卒2年目でプロ指名の権利を得たのです。

 

 

 

ソフトバンクに入団した森福允彦は1年目7試合の登板ながら防御率1.50とまずまずの結果を残しましたが、2年目は防御率が6.75と苦戦しました。実はこのとき、左のスリークオーターからの投球が中心でした。

 

 

 

そのため、ストレートも143キロが最速と、今の投球スタイルと大きく異なっていました。しかし、結果が出なかったこともあり、2008年はオーバースローとサイドスロー混合で投げて防御率は4点台と結果がでませんでした。

 

 

 

そこで、2008年オフからサイドスロー一本での投球となりました。これが奏功し、体をひねる左サイドハンドからの独特の球筋で徐々に台頭し、2009年以降福岡ソフトバンクホークスに欠かせないリリーバー・セットアッパーとしての活躍を見せます。

 

 

 

ストレートは130キロ中盤と球速は落ちたものの、サイドハンド特有の真横に滑るスライダーとシュートを多投する投球スタイルで、左打者だけでなく、右打者相手にも一定の成績が残せるようになりました。

 

 

 

しかし、2014年から1~2点台だった防御率が3点台になり、2015年に至っては5.82まで悪化してしまいます。2016年シーズンは2.00まで戻したものの、1イニングを登板する形から左打者のワンポイントとしての登板が目立つようになってきました。

 

 


Sponsored Link

 

 

ソフトバンクから巨人へのFA移籍

 

 

これに森福は不満を感じ2016年オフにFA宣言し、巨人に入団したのです。巨人では金属疲労が目立つ山口鉄也の負担軽減と、リーグに多くいる左打者殺しが主な仕事になると思われます。

 

 

 

しかし、従前からの投球スタイルにおいて、2014年に発症した腰痛が影響し、シュートの切れが悪くなったことでストレートとスライダーが投球の中心となったことから特に右打者への投球成績が悪くなっています。

 

 

 

巨人ではこの点が払拭できるかという点が非常に注目です。また、横浜Denaベイスターズの筒香や、阪神タイガースにFA移籍した糸井、ベテランの福留、そして広島の田中、丸といった左の強打者・巧打者の対戦が見ものであります。

 

 

 

パリーグ在籍時のようにセリーグの左の強打者相手にうまく抑えることができるかという点が見どころといえるでしょう。そこが今後の森福選手が真価が問われるところになります。

 

 

WBCの日本代表で期待すること

 

 

現在の侍ジャパンにおいては左の中継ぎは宮西しかおらず、リリーフとして松井裕樹の招集が濃厚といわれていますが、現時点では確定的な情報がありません。そのため、選ばれると左の貴重なリリーフになるでしょう。

 

 

 

もし森福が選出されることがあれば、その独特なフォームでメジャーの左の強打者を完璧に抑えてくれることが侍ジャパンの勝利につながるでしょう。ワンポイントでも登板できますので、左の強打者対策にはいいですね。

 

 

 

なので、期待としてはサウスポーのリリーフが不足している日本代表を考えると森福投手が一枚加わるだけでもかなり厚みがでてきます。そのため、左一人の強打者を抑える場面での活躍を期待したいですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

宮西尚生の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?

 

牧田和久(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

則本昂大(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

 

田澤純一の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?