日本代表,メンバー,柳田悠岐,成績,年俸

柳田悠岐(2016)の成績と年俸!どんな選手?

野球

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーであるソフトバンクホークスの柳田悠岐の2016年の成績と年俸についてみていきます。

 

WBC/2017に柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

それとあわせて、2017年3月に行われるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待するのかについてもみていきます。

 

 

 

 

まずは、柳田悠岐選手の2016年の成績についてみていきます。柳田悠岐はソフトバンクホークスの中心選手になります。2015年にはトリプルスリーを達成したように三拍子そろった選手です。

 

 

 

柳田悠岐選手と言えば、走行守のどれをとっても超一流の選手になります。2016年は、怪我の影響もあり2年連続のトリプルスリーは達成できませんでした。

 

 

 

2016年シーズンは、怪我の影響でやや物足りない数字になっていますがそれでもすごい選手であることがわかります。ソフトバンクホークスが優勝できなかったのは柳田悠岐選手が終盤に出場できなかったのが大きかったと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の柳田悠岐の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 131本
本塁打 18本
打点 73点
打率 3割0分6厘
長打率 5割2分3厘
盗塁数 23回
四球 100
出塁率 4割4分6厘
三振 97回

 

 

※2017年の柳田悠岐選手の年俸については、1000万円ダウンの2億6000万円(推定)になっています。

 

 

 

柳田悠岐はどんな選手?

 

 

柳田悠岐は、ホークスの看板選手です。2015年はトリプルスリーを記録しました。昨年の成績が凄かっただけに2016年は、全体的に物足りない数字に思えます。特にホームラン数は40本近く打てる素材なので来シーズンは長打を求めてほしいです。

 

 

 

2016年は打率3割だけしかクリアできていないのでホームランと盗塁の返り咲きも期待します。ヤクルトの山田は2年連続のトリプルスリーで史上初の快挙を達成しました。柳田は途中から怪我に泣かされたことも影響したのかもしれません。

 

 

 

四球の多さが目立ったシーズンでもありました。相手投手は、柳田を警戒し際どいコースにしか投げてきません。それを見極める柳田の動体視力も凄いと思います。18試合連続四球という珍記録も達成しました。

 

 

 

柳田の特徴といえば、日本人離れした打撃と強肩、足の速さ、守備範囲の広さと野球選手に必要なものをすべて兼ね備えています。まず打撃について、ヘルメットが脱げるほどのフルスイングです。そのため打球のスピードはとても速いです。

 

 

 

広いヤフオクドームを本拠地としていますがそれでもスタンドの中段まで運ぶパワーがあります。去年驚かされたのはDeNA戦でのバックスクリーン破壊弾です。日本人でそこまで飛ばす選手はいないでしょうし規格外の選手です。

 

 

 

逆方向すなわちレフトへのホームランも多いです。振り遅れても力でスタンドまでもっていきます。また外角のボールを逆らわずにホームランにしているという印象もあります。

 

 


Sponsored Link

 

 

外野手としては肩も強く守備範囲も広い

 

 

肩も非常に強く定位置あたりに飛んできたフライで3塁ランナーをさしたこともあります。足も速く、それを生かした守備範囲の広さも魅力です。これだけスケールの大きな外野手は歴代の外野手の中でも最高レベルだと思います。

 

 

 

今でこそ筋骨隆々でたくましい柳田選手ですが、高校時代はとても細く今とは全然違う見た目でした。高校時代はとても痩せていた為、ホームランバッターという感じではなかったようです。そんな柳田が開花したのは大学に進学してからです。

 

 

 

ジムでのトレーニングやプロテインなどの栄養を摂取し今のようなたくましい体を作り上げました。大学ではその名をとどろかせており、和製バリーボンズの異名を持つほどに成長しました。

 

 

 

高校時代は大したことがなかった選手が大学でもトップクラスのしかも、ホームランを量産するようなタイプになるというケースは非常に珍しいと思います。そこそこの努力ではなく、ありえないくらいの努力をされたのではないかと思います。

 

 

 

そんな柳田ですが、プロに入って数年は伸び悩んでいました。しかしここ数年でチームの主力に成長しました。飛距離においては、日本人のなかでは5本の指に入る逸材です。

 

 

 

元中日ドラゴンズの井端が調整で2軍にいたときにホークスとの試合がありました。その時に、柳田が特大のホームランを放っておりその時から井端は、凄い飛距離を持っている凄い打者だという印象を持ったそうです。

 

 

 

2軍とはいえ光るものを感じさせる存在だったのではないでしょうか。厳しいインコース攻めは来年も変わらないと思いますが、そこは工夫するなりで克服するしかありません。

 

 

 

インコース攻めは相手から認められた証拠でもあるため頑張りどころです。死球は強打者の宿命です。怪我をしないようによける技術を身に着け活躍してほしいです。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待される役割としては、強打と守備力で相手を制圧することです。メジャーリーガーと比べても体格では遜色がありません。また、打撃力に関しても引けを取っていません。

 

 

 

日本代表の外野手は層が非常に高いのでスタメンで出場できるかどうか微妙ですね。怪我の状態にもよるかもしれません。ただ、WBCで侍ジャパンが優勝するためには必要な存在です。

 

 

 

その走攻守3拍子そろったところをいかんなく発揮してほしいですね。シーズンと同様に戦えれば必然的に結果はついてくると思います。日本に柳田ありというところを世界に見せつけてほしいです。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

青木宣親(2016)の成績と年俸!こんな選手!?

 

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?

 

鈴木誠也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?