侍ジャパン,メンバー,松田宣浩,成績,年俸

松田宣浩(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

松田宣浩

 

 

このページは、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパ(日本代表)ンのメンバーである松田宣浩(ソフトバンク)の2016年のシーズン成績と年俸についてみていきます。

 

 

それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として松田宣浩選手にどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の松田宣浩選手の成績についてみていきます。松田宣浩はソフトバンクホークスの中軸として長年活躍している選手です。

 

 

 

この松田宣浩がいるために、近年のソフトバンクホークスが強いチームを築き上げていると言えるでしょう。それぐらいチームにいい影響を与える存在であることは間違いありません。

 

 

 

もちろん、成績については2016年こそ打率は落としていますが、ホームランも打て勝負強い選手です。守備はゴールデングラブを毎年獲得するほど上手な選手です。なので、バランスの取れる選手で熱いハートで戦う熱男です。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の松田宣浩の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 142本
本塁打 27本
打点 85点
打率 2割5分6厘
長打率 4割6分7厘
盗塁数 6回
四球 48
出塁率 3割2分5厘
三振 141回

 

 

※2017年の松田宣浩選手の年俸は、複数年契約になっていますので4億円(推定)の現状維持です。

 

 

 

松田宣浩のここがすごい!

 

 

今回はWBC日本代表のサード筆頭候補である、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩について紹介します。福岡ソフトバンクの不動のポイントゲッターであり、ムードメーカーとして重要な役割を果たしています。

 

 

 

今年はホームランを打った後に、スタンドに向かって「熱男〜!」と叫ぶパフォーマンスはファンにも大いにうけたようでした。そもそも松田宣浩は岐阜中京高校から亜細亜大学に進学しています。

 

 

 

大学4年時の2005年大学・社会人ドラフトにおける希望枠で福岡ソフトバンクホークスに入団しました。契約条件も当時の最高条件である、契約金1億円、年俸1,500万円+出来高5,000万円の条件で入団しました。

 

 

 

松田宣浩は今でこそ強打の3塁手というこで、リーグを代表する選手に成長しましたが、入団当初しばらくの間はプロの壁にぶち当たっていました。

 

 

2010年までの5シーズンの松田の打率は2011年から.211 .254 .279 .281 .255と、決して高い打率ではありません。ホームランも2010年シーズンに記録した19本が最多でした。

 

 

 

松田は隔年で怪我に見舞われたり、不調に陥いったりする傾向が強く、2008年に初めて143試合に出場し主力としての地位を確立したかと思えば、翌2009年シーズンは怪我もあり43試合の出場におわります。

 

 


Sponsored Link

 

 

2011年以降ソフトバンクの主力に

 

 

また、復活が期待された2010年も不調が続き打率が2割半ばと、ムラが強い選手だったのです。2011年シーズンに本格ブレイクし、打率.283に加えホームランも25本放ちます。

 

 

 

翌2012年シーズンは途中怪我での離脱はあったものの打率を自身初の3割に乗せるなど着実にその打棒に成長がみられるようになりました。それ以降はソフトバンクの不動の三塁手として、今に至るまで活躍しています。

 

 

 

2015年シーズン終了後海外FAを行使してメジャーリーグへの挑戦も視野に入れるほどまでの選手になっています。松田宣浩の最大の強みは、早いカウントから積極的に打てる「積極性」と「配球の読みの鋭さ」です。

 

 

 

松田の2016年シーズンは、キャリアハイを記録した2015年シーズンと比べると打率、ホームラン、打点、さらにはOPSまですべての指標で下落しています。それでも、松田の特徴である積極性は失われませんでした。

 

 

 

初球の打率は.375、ホームラン4本、カウントワンボールからの打率は.455、ホームラン4本、ツーボールからの打率に至っては.529、ホームラン4本という圧倒的な打率を残しているのです。

 

 

 

このことから松田は初球から積極的にバットを振っていき、カウントが打者有利になると、狙い球を絞りそれを高い確率で仕留めることができる選手であるといえます。

 

 

 

カウントがツーボールの時の打率は各チームのどの主力も高いケースが多いのですが、松田の打率はその中でもトップクラスに位置します。

 

 

WBCでは安定した守備と積極性に期待

 

 

WBCにおいて、松田宣浩は選出が確実であり、数少ないサードの主力として期待が高い選手です。一方で、セカンドのポジションが重複している広島の菊池と2年連続のトリプルスリー、山田を両方使う場合、山田をサードで使う構想もあるようです。

 

 

 

実際に強化試合では、山田はサードを守りましたが、エラーを記録するなどやはり本職のセカンドとサードは景色が違い守るのが難しいというコメントも残しています。こうなると、やはり代表における松田宣浩の役割はクローズアップされてきます。

 

 

 

左の強打者が多い侍ジャパンにおいても、貴重な右で一発を放てる打者として、7番あたりに居座りチームのポイントゲッターとして多くの打点を挙げてくれることが期待されます。

 

 

 

さらに、プロ入り後今までずっとサードを守ってきたように、その安定した守備力も日本代表には欠かせないものとなるでしょう。本大会ではその積極性をいかしたチャンスメイク、チャンスでの一打を多くはなってくれることを期待します。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBCでの侍ジャパンのサードで最有力は誰なの?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

山田哲人(2016)の成績と年俸!どこが凄い選手なの?

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?