侍ジャパン,メンバー,成績,年俸

山田哲人(2016)の成績と年俸!どこが凄い選手なの?

山田哲人

 

 

このページは、侍ジャパンのメンバーである山田哲人(ヤクルト)の2016年の成績と年俸についてみていきます。

 

 

またそれとあわせて、WBCが行われる2017年3月にの日本代表としてどんな活躍を期待するかもお伝えします。

 

 

 

 

まずは、山田哲人選手の2016年の成績についてみていきます。山田哲人はヤクルトスワローズの中軸を打つバッターです。ミスタートリプルスリーとでもいえばいいでしょうか。

 

 

 

2015年、2016年と連続でトリプルスリーを達成している選手です。そのことからも走塁、長打力、アベレージと3拍子揃った選手になります。その中でも山田哲人選手が特に魅力なのは長打力です。

 

 

 

本塁打についても、本塁打王をとれるぐらいのところに2016年はいました。なので、来年あたり本塁打、打点、打率のタイトルを獲得する可能性が十分あると思います。

 

 

 

今、三冠王にもっとも近い選手と言っても過言ではないのではないでしょうか。それぐらい球界を代表する選手に成長してきていますよね。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の山田哲人の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 146本
本塁打 38本
打点 102点
打率 3割0分4厘
長打率 4割3分5厘
盗塁数 30回
四球 97
出塁率 6割0分7厘
三振 101回

 

 

※2017年の山田哲人選手の年俸については、1億3000万円アップの3億4000万円(推定)になりました。

 

 

 

山田哲人のここがすごい!

 

 

山田哲人は、ヤクルトの看板選手です。昨年と今年と、史上初2年連続のトリプルスリーを達成しました。トリプルスリーは、打率3割、ホームラン30本、盗塁30個を記録することです。

 

 

 

過去には松井稼頭央や、秋山幸二などが達成しています。身体能力の高い選手でなければ達成することができない記録です。今シーズンは安打数こそ少ないもののホームランは去年と同じ38本を記録しました。

 

 

 

打点も100を超え素晴らしい成績です。また、打率を高めるためには四球を選ぶ必要もあります。100に近い四球というのは球を見極められているという証拠ですし手元までボールを見れているということにもなります。

 

 

 

山田の特徴といえば何といってもスイングスピードの速さでしょう。体格的にはプロ野球選手としては細身の部類に入ります。一般的にはホームランを打つ打者はどっしりとした体格でチームの中でも1、2を争う大柄な選手というイメージがあります。

 

 

 

しかし、山田の場合はその反対です。ホームランを打つには、物理的には体重が重いほうが有利です。体重が多いほうが打球が遠くに飛ぶためです。体幹の強さがあるようで、それがスイングスピードの向上につながっているようです。

 

 

 

パワーというよりは技術で打っているホームランという印象です。今までのホームランバッターの常識を覆した選手でもあります。スリムでホームランが打てるならスリムなほうが女性にもモテるのではないでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

日本シリーズの3打席連続本塁打

 

 

2015年の日本シリーズでは3打席連続のホームランを記録したのが印象的でしたよね。この時は、いわゆる神ってる状態だったのではないでしょうか。普段はふんわりした雰囲気のある山田選手ですが、打席に入れば目の色が変わります。

 

 

 

勝負師といった感じでしょうか。プロスポーツの選手は集中力が高まった状態の時にゾーンと言われる研ぎ澄まされた感覚になることがあるそうです。

 

 

ホークスの内川選手が首位打者を取ったときは、ボールが手元に来た時に大きくなって打ってくださいというようにボールが見えたそうです。昔でいうと、川上哲治のボールが止まって見えた。と同じようなレベルでしょうか。

 

 

 

山田にもそのような感覚があったのではと思います。高校は大阪の強豪、履正社高校です。オリックスのT-岡田や阪神の坂本、ヤクルトに入団する寺島などを輩出した強豪です。

 

 

 

最近の大阪の高校野球の勢力図では、大阪桐蔭から履正社にシフトしつつあるのではと思います。履正社高校は監督の方針が考える野球を信条としています。高校野球では監督が絶対なので監督の指示に従って練習します。

 

 

 

よっぽど不満が出るような内容でなければ選手はしたがって練習をするでしょう。しかし、指示された練習というのはあまり意味のないものにも感じます。やらされた練習というのはただ時間をつぶすという意識だけしか生まれないと思います。

 

 

 

しかし、考える野球というのは自分でこれが足りないなどと考えるので能力の伸びはかなりあると思います。仕事などでも、指示されたことだけをやっていても面白みはありません。そういった練習環境が山田を飛躍させたということもあるでしょう。

 

 

 

山田の日々のルーティーンとしては、試合前に早めに球場入りをしての7種類のティーバッティングです。杉村コーチと二人三脚で取り組んでいます。これはあらゆる変化球やコースに対応するためにいろんな角度、からボールを投げて打つ練習です。

 

 

 

これを取り入れることで大幅に打撃が改善しました。内川も横浜時代にこの練習を取り入れており、日本を代表する打者へと成長しました。打撃マシンなどでバッティング練習をする選手が多い中、基本に忠実です。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待される役割は、打撃でチームの勝利に貢献することです。同じセカンドのポジションにはカープの菊池がいます。山田はサードやファーストあるいはDHでの起用になるかと思います。

 

 

 

なので、日本代表でも試合を決めるバッティング。チャンスに強い打撃力を発揮してほしいですね。個人的には、日本代表の悩みの一つの筒香選手の後ろを打つ選手になってほしいなって思いますね。

 

 

 

中田翔よりも確実性がありますし、盗塁もできる。ホームランも打てる。1点勝負になるような試合であれば必ず必要になってくる選手ですね。守備力を考えるとカープの菊池なんですけど、攻撃型でいくのであれば間違いなく山田哲人だと思います。

 

 

 

三塁で使えないのであれば、大谷翔平がDHに入らないのであれば山田哲人をDHに入れるのが一番いいのだと思います。筒香の後ろは山田哲人が一番いいと思います。WBCで期待大の選手です。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

筒香嘉智(2016)の成績と年俸!侍ジャパン4番へ?

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?