侍ジャパン,メンバー,小林誠司,成績,年俸

小林誠司(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

小林誠司

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである小林誠司(巨人)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それとあわせて、2017年3月に開催されるWBCの侍ジャパンとしてどんな期待をすのかについて考えていきます。。

 

 

 

 

まずは、2016年の小林誠司選手の成績についてみていきます。小林誠司はここ数年の巨人が一生懸命育てている捕手として活躍しています。肩が強く阿部捕手との世代交代をしている最中といったところです。

 

 

 

今後、巨人の扇の要として小林誠司が力をつけていくことがチーム力アップのための底上げとなるでしょう。2016年はかなり多くの試合に出場しています。

 

 

 

ただ、バッティングの面についても守備の面についてもまだまだ課題のある選手であることは間違いないですね。今後、小林誠司選手が巨人を支えるような選手にならないと今後、ジャイアンツの未来がないでしょう。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の小林誠司の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 81本
本塁打 4本
打点 35点
打率 2割0分4厘
長打率 2割6分9厘
盗塁数 2回
四球 36個
出塁率 2割7分6厘
三振 76回

 

 

※2017年の小林誠司選手の年俸は、2500万円から5000万円(推定)に増加しています。

 

 

 

小林誠司のここがすごい!

 

 

読売巨人軍の正捕手として活躍している小林選手を紹介します。小林誠司は広島の広陵高校から同志社大学、日本生命を経て2013年のドラフト1位で読売巨人軍に指名されました。

 

 

 

まさに野球の名門を渡り歩いた野球偏差値の高い選手であるといえるでしょう。小林誠司は同志社大学時代の2011年ドラフト会議でも指名の可能性は十分ありました。

 

 

 

しかし、当時から打撃には課題があると言われていた上にドラフト1位以外は社会人に進むという縛りがあったとされ、指名されることはありませんでした。

 

 

この年読売巨人軍は当時監督だった原辰徳氏の甥であった菅野智之投手を1位指名しています。(日本ハムとの競合の末に抽選に外れ、松本竜也投手を外れ1位で指名)

 

 

ルーキーイヤーの2014年シーズンは打率.255とまずまずの成績であったものの、2015年は.226、2016年にいたっては打率.205と年々打率は下降しています。大学時代から課題とされていた打撃は一向に改善の傾向がみられないといえます。

 

 

 

それでも、2014年63試合、2015年70試合の出場だった試合数が、2016年は129試合とほぼシーズンフル出場に至りました。これには大きな要因が2つあります。

 

 

1つは不動の正捕手だった阿部慎之助の故障と、年齢を重ねた結果として捕手として通年出場が難しくなってしまったこと。そしてもう一つが原監督の勇退、高橋由伸新監督の就任です。

 

 


Sponsored Link

 

 

高橋由伸監督に期待されている

 

 

高橋監督は捕手の固定を最優先課題とし、2016年シーズンも捕手としての起用が難しい阿部慎之助はファーストで起用し、小林を正捕手として起用し続けたのです。小林は捕手として、リードやインサイドワーク、そして守備に課題がある選手です。

 

 

 

しかし、最大の魅力である「圧倒的な強肩」が、小林を正捕手として起用し続けた最大の理由なのです。小林の強肩を示すデータとして盗塁阻止率があります。2016年シーズンはセリーグトップの.356を記録しました。

 

 

 

2015年以前のシーズンは規定の試合数に出場していなかったため、公式記録として残ってはいませんが、高い盗塁阻止率を記録しています。

 

 

 

先日の侍ジャパンの強化試合、オランダ戦で小林は延長10回のタイブレークで3回にわたってソフトバンク千賀投手のフォークボールを取ることができず、暴投が記録されました。

 

 

 

それ以外にも、シーズン中に同僚のマイコラス投手が小林のキャッチングに不満を持っていたなど、小林は打撃だけではなく、守備にも課題が多い選手であることは間違いありません。

 

 

 

巨人の秋季キャンプでは村田ヘッドコーチ、高橋監督それぞれが小林を強化する傍らで、打倒小林を目標とする若手の捕手台頭を望み、キャッチャー陣は日夜厳しい練習をしていると報道されています。

 

 

WBC・侍ジャパンでの期待

 

 

小林も課題の打撃、守備に加え、リード面などで毎日厳しい練習を積んでいるようです。そんな状況でも、小久保監督さえ侍ジャパンに召集をしたくなるくらいの魅力がある荒削りの選手であるといえるでしょう。

 

 

 

現在、侍ジャパンは捕手難です。楽天の嶋や日本ハムの大野は選出が確実視されていますが、それ以外の捕手は小林も候補である一方、打撃を重視して西武の森友哉、阪神の原口なども候補に挙がってくるでしょう。

 

 

 

それでも小林には圧倒的な肩の力という、捕手になくてはならない能力があるため、ここぞで起用される可能性は十分あると思われます。WBCでは、アメリカを筆頭に各国のリードオフマンは俊足とよばれる選手ばかりがそろっています。

 

 

 

そんな選手達の盗塁を矢のような送球で刺し続け、日本チームのピンチの目を悉く積んでいく、そんな活躍を期待したいと思います。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

WBC(2017)で侍ジャパンの正捕手は●●にすべきだ!

 

大野奨太の2016年の成績と年棒!どんな選手なの?

 

嶋基宏(2016)の成績と年俸!WBCで期待すること!