大野奨太,成績,年棒

大野奨太の2016年の成績と年棒!どんな選手なの?

大野奨太

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである大野奨太(日本ハム)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それにプラスして、2017年3月に開催されるWBCの日本代表としてどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の大野奨太選手の成績についてみていきます。大野奨太は2016年に大活躍して日本ハムファイターズの日本一に大きく貢献しましたよね。大野奨太が正捕手としてどっしりとしていたからこその日本一だったと思います。

 

 

2016年の大野奨太の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 69本
本塁打 5本
打点 35点
打率 2割4分5厘
長打率 3割4分4厘
盗塁数 1回
四球 25
出塁率 3割3分4厘
三振 63回

 

 

※2017年の大野奨太選手の年俸は、600万円アップの5100万円(推定)になっています。

 

 


Sponsored Link

 

 

大野奨太の特徴

 

 

大野奨太選手は、日本ハムの正捕手です。今シーズンは109試合に出場しました。投手との相性の兼ね合いでマスクをかぶらない日もありました。安打数、本塁打数、打点ともに物足りない数字です。

 

 

 

キャッチャーという点を考慮しても100安打以上ホームラン15本、60打点以上はほしいところです。キャッチャーはリード面が重視され打撃は打てれば儲けものといった風潮がありますが、ファンとしては打てるキャッチャーが見たいです。

 

 

 

昔でいえば、古田、城島、阿部です。近年の野球界では守備型のキャッチャーが多い印象があります。西武の炭谷、ホークスの細川、ヤクルトの中村、巨人の小林など。打てるキャッチャーとして今後期待されているのが西武の森、阪神の原口です。

 

 

 

もちろん守備ありきなのでバッティングだけではだめです。城島は常に30本以上ホームランを打つ選手でキャッチャーとしても優秀な選手でした。とくに座ったまま投げて盗塁をさしたのは驚愕でした。

 

 

 

体の強さもあるので外国人選手がホームでタックルしてくる時も負けていませんでした。古田は、2000本安打を記録しています。キャッチャーならではの読みのバッティングができる選手だった印象があります。

 

 

 

また、とくに凄いところはキャッチングです。ボールに見える球をストライクにする技術です。下手なキャッチャーはボールを取ってからミットを動かすいわゆるミットずらしをしますが古田は膝を使って引きながら取る自然なキャッチングができます。

 

 


Sponsored Link

 

 

大野奨太は守備が得意な選手

 

 

動画で見るとミットにボールが吸い込まれるように見えます。きれいに取るので審判も思わず手が挙がってしまうのではないでしょうか。大野選手の特徴は、打撃よりも守備が魅力の選手です。打撃はつなぎのバッティングを心がけています。

 

 

 

ランナーがいれば送りバントをする場面も多かったです。リード面では特に強気なリードをしている印象です。投手主体というよりは自分主体といったところでしょうか。なんといっても肩の強さが魅力な選手です。

 

 

 

肩が強いのはもちろんですが、ボールを取ってから投げるまでが早いです。それがより強肩を生かしているのだと思います。今シーズンの盗塁阻止率は.310でリーグ2位の好記録です。

 

 

 

いいキャッチャーは盗塁を刺すより盗塁を企画させないのがいいキャッチャーです。大野はキャプテンも務めています。それだけチームメイトからの信頼もあり、監督他首脳陣からの信頼があるのではないでしょうか。

 

 

 

背番号も2から27に代わりました。2番は高校野球でも正捕手の番号です。プロ野球の正捕手の番号は27というわけではないですが、人気な背番号です。27と言えば伊東勉、古田敦也が背負っていた背番号です。

 

 

 

もともとはそこまで価値のなかった番号ですが名選手たちによって価値のある背番号に変わっていたのではと思います。西武の炭谷捕手も2から27へ変更しています。それだけ憧れる番号なのでしょう。

 

 

 

巨人の阿部がつけている背番号10も人気な番号になりつつあります。侍ジャパンで期待することは、打撃ではチャンスメイクです。ランナーがいれば送りバントや進塁打でチャンスを拡大し上位打線につなぐ役割が期待されます。

 

 

 

守備面においては、侍ジャパンの投手陣は若い比較的若いため引っ張っていく役割が期待されます。投手の持ち味を引き出せるようなリードにも期待がかかります。

 

 

また野手の守備位置など点差やカウントによっての指示にも期待がかかります。中堅どころの選手ですし日本一になった日本ハムの正捕手であることから、堂々としたプレーに期待です。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

WBC(2017)で侍ジャパンの正捕手は●●にすべきだ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

小林誠司(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

 

嶋基宏(2016)の成績と年俸!WBCで期待すること!