侍ジャパン,メンバー,坂本勇人,成績,年俸

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

坂本勇人

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンのメンバーである坂本勇人(巨人)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それと併せて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として坂本勇人選手にどんな活躍を期待すのかについてお伝えします。

 

 

 

 

まずは、2016年の坂本勇人選手の成績についてみていきます。坂本勇人は2016年にショートとして初の首位打者を獲得します。坂本勇人が元気のなかった巨人を引っ張りましたね。

 

 

2016年の坂本勇人の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 168本
本塁打 23本
打点 75点
打率 3割4分4厘
長打率 5割5分5厘
盗塁数 13回
四球 81
出塁率 4割3分3厘
三振 67回

 

 

※2017年の坂本勇人選手の年俸は、1億円アップして3億5000万円(推定)です。

 

 


Sponsored Link

 

 

坂本勇人のここがすごい!

 

 

坂本勇人選手は、いわずと知れた読売巨人軍の若きスター選手です。2006年のドラフトにおいて外れ外れ1位で青森光星学院から入団しました。甘いマスクとシュアでパンチ力のある打撃に加え、今年は守備でも大きな成長を遂げました。

 

 

 

そんな坂本勇人がすごいところはどこなのでしょうか。この選手の強み2つあります。一つは「チャンスでの強さ」、そしてもう一つは「体の強さ」です。一つ目の「チャンスでの強さ」から説明していきます。

 

 

 

坂本勇人の2016年シーズンの得点圏打率は、セリーグ9位の.339でした。得点圏時のOPSも.981と非常に高い成績でした。2015年シーズンでも得点圏打率がリーグ4位の.323、勝利打点も17という好成績をあげることになりました。

 

 

 

特に2016年シーズンの巨人軍は得点圏打率が低いことに加え、貧打にあえぐシーンを多く見ることになりました。特にチームの主砲、村田修一に至っては夏以降の奮起により打点は70を超える結果となりましたが、6月まで打点が20を切る水準でした。

 

 

 

そのことからも、坂本勇人の得点圏打率の高さと安定性は秀でているといえるでしょう。 次に「体の強さ」です。そもそも坂本は外れ外れ1位で指名されたことからも、入団当時の評価はあまり高いものではありませんでした。

 

 

 

しかし、2年目を迎えた2008年シーズン、当時巨人の不動のレギュラーであった二岡智弘からレギュラーを奪取し、高卒2年目からフル出場することに至りました。この年弱冠19歳ながら打率.257の成績を残したことからも、センスの高さが見て取れます。

 

 

 

この年はなんと日本シリーズまでふくめトータル172試合に出場しました。高卒2年目でもあり、夏場には月毎の打率が1割台に落ちることもあり、代打を出されるケースも多かったものの、当時の原監督は根気強く坂本を使い続けました。

 

 

 

坂本はその持ち前の体の強さとセンスの良さで乗り切ったのです。また、体の強さは坂本の守備にも進化が表れています。2008年シーズン、2009年シーズンと、坂本はセリーグショートの失策数がワースト1位でした。

 

 

 

守備率も.970台と非常に低い状況でした。しかし、三遊間の深い位置でボールに追いついてから、1塁で刺すケースも多く見せるなど、高卒2年目新人とは思えない「体の強さ」を発揮していたのです。

 

 

 

そんな坂本も2016年シーズンは、自身初のゴールデングラブ賞を受賞し、守備での進化を見せてくれました。なので、2016年は坂本勇人にとって投打で大きく成長した1年となりました。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

2017年シーズンには、第4回WBCが開幕します。坂本はショートとして選出が確実であり、日本代表の中心打者としての役割が求められる立場になっています。打順は、1番や3番、もしくはクリーンアップの後の6番の可能性が高いです。

 

 

 

坂本勇人は、どの打順でも打順に合った仕事が期待でき、日本代表がWBCで勝ち上がるキーマンの一人であるといえるでしょう。特に、今回のWBCの候補メンバーに欠如しているのは、クリーンアップの後に追加点を取れる打者です。

 

 

 

リードオフマン、主砲、守備固めの選手は候補となる選手がそろっているものの、6番、7番というポイントゲッターの役割ができる選手はソフトバンクの松田程度しか現時点で候補がいないのです。

 

 

 

そんなポイントゲッターとして、坂本勇人はまさにうってつけの存在であり、必ずやクリーンアップの後でその得点圏打率の高さを生かして、侍ジャパンに多くの得点をもたらしてくれるでしょう。

 

 

 

さらに、体の強さを生かし上達した守備は、決勝ラウンド以降、天然芝になるメジャーリーグの球場でも十分に対応ができるといえます。それだけ坂本勇人の能力は高くWBC覇権奪回に向けた最重要選手といえるでしょう。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC 2017年の展望!日本は優勝できるのか?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

大谷翔平(2016)の成績と年俸!侍ジャパンの期待はコチラ!

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

大野奨太の2016年の成績と年棒!どんな選手なの?