侍ジャパン,メンバー,前田健太,成績,年俸

前田健太(2016)の成績と年俸!どんな投手なの?

前田健太

 

 

このページは、WBCの日本代表メンバー候補である前田健太(ドジャース)の2016年の成績や年俸をみていきます。

 

 

それとあわせて、WBC(ワールドベースボールクラッシック)の侍ジャパンとして期待することなどについてもあわせてお伝えしています。

 

 

 

 

まずは、2016年の前田健太選手の成績についてみていきます。前田健太は、昨年までは広島カープに所属し長年広島のエースとして活躍してきました。

 

 

 

2016年は、メジャーリーグに挑戦してドジャースのローテーションピッチャーとして1年間ふるに働きました。メジャーと日本との違いに戸惑いながらもうまく対応した印象があります。

 

 

 

前田健太選手がいなくなった後に、古巣の広島カープが優勝するというなんとも皮肉な形になった2016年ですが、前田健太投手にとっても2016年はよい年になったと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

前田健太の投手の成績と年俸

 

 

項目

成績

勝敗 16勝11敗
勝率 5割9分3厘
投球回 175回
奪三振 179回
防御率 3.48

 

 

※年俸については、8年の複数年契約で出来高の割合が高くなっていて、3億円です。

 

 

 

前田健太はどんな投手なの?

 

 

前田健太投手は、広島カープからロサンゼルス・ドジャースへ移籍しました。16勝を上げチームの地区優勝に貢献しました。契約の際にメディカルチェックでひっかかった影響で年棒は3億円程度に抑えられてしまいました。

 

 

 

インセンティブの比率が多くこまごまな要件をこなしていくと給料が上がるような仕組みです。出来高制の方が球団と選手双方にいい関係性がうまれるのではと思います。活躍してなんぼの世界なので。

 

 

 

MLB初年度で16勝を上げたのはすごいです。それだけ日本人投手のレベルが高いということです。ここ最近は日本人投手の評価があまりよくない風潮がありましたが前田が評価を上げてくれることを期待します。

 

 

 

投球回と奪三振の数はさすがです。前田のスライダーは世界標準のボールであるということが証明されました。その一方で防御率は3点台半ばです。メジャーリーグは強打者が多い為3点台でもよしとされています。

 

 

 

規定投球回を投げて1点台の投手はあまりいません。防御率の高い要因はスライダーを多投しているところにあると思います。いくら一級品のスライダーがあったとしても打者が慣れてくれば見切られますし、外角の球でも踏み込んで打ってきます。

 

 

 

スライダー以外で軸になる球がなかったのが防御率が高い要因だと思います。来シーズンはそこを改善すると2点台に抑えられると思います。前田の特徴といえば、糸を引くようなストレート、切れ味のあるスライダー、制球力、守備力です。

 

 


Sponsored Link

 

 

前田健太は守備もうまい

 

 

日本時代にはゴールデングラブ賞を受賞しています。バント処理が上手い印象があります。いい投手、勝てる投手というのは投げるだけでなくそのほかの部分が上手いイメージがあります。

 

 

 

1塁への牽制や2塁への牽制もとても素早く何度もランナーを刺しています。広島カープの投手は全体的に牽制が上手い印象です。牽制は自分を助けることになるので必要なスキルです。

 

 

 

ストレートについては投げる瞬間のリリースの時に100%の力が出せるような投げ方をしています。また制球力についてはメジャーリーグで精密機械とも称されたマダックスになぞられマエダックスと呼ばれるほどです。

 

 

 

高校時代はPL学園高校で1年生のときから活躍しておりカーブを得意としていました。打撃もよく4番を任されていたことから桑田2世とも呼ばれていました。MLBでは勝ち星16勝を上げたことは本人の能力が高いことを証明する一つです。

 

 

 

そんななかでもとくに印象に残っているのは、メジャーリーグ初打席初ホームランです。変化球の抜け玉のようなボールをホームランしました。投手ですしホームランは想定外だったのでチームメイト、ファンも驚いていましたね。

 

 

 

もちろん、一番驚いたのは本人だと思います。意外なことが起きるとわくわくしますね。性格的には関西出身ということもあり、とても明るくテレビに出演したときのトークも軽快です。

 

 

 

同世代には田中将大坂本勇人などこれからの球界を引っ張っていくであろう選手が沢山います。田中将大とは中学生時代から知り合いでその時からお互いを意識しあうような関係だったようです。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待される役割としては、先発投手として勝ちの貢献できる投球をすることです。WBCに出場できるかは球団が決めると思いますが、本人が出たいかどうかが一番重要でしょう。

 

 

 

メジャーリーガー最強打者と言われる、ミゲル・カブレラは毎大会出場してますしね。また、WBCの決勝は前田の本拠地、ドジャースタジアムということもあり地の利もあると思うので参加が望まれます。

 

 

 

やはり制球力の良さというのは球数制限のある大会なので前田の存在が必要不可欠です。また、直近の国際大会でるプレミア21で前田健太投手も悔しい思いをしていますので、リベンジを期待したいですね。

 

 

 

いずれにしても、前田健太投手がWBCの参加するのであれば中心の先発投手になることは間違いないでしょう。2016年は初めてのメジャーリーグだったために疲れが心配ではありますが、期待したいですね。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

田中将大(2016)の成績と年俸!ここがすごい?

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

 

菅野智之(2016)の成績と年俸!どこがすごい投手なの?

 

田澤純一の2016年の成績と年俸!どんな投手なの?