侍ジャパン,メンバー中田翔,成績,年俸

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

中田翔

 

 

このページは、WBCのメンバーである中田翔(日本ハム)の2016年の打撃成績と年俸についてみていっています。

 

 

それに加えて、2017年3月に開催されるWBCの日本代表として中田翔選手にどんな活躍を期待すのかについてみていきます。

 

 

 

 

まずは、2016年の中田翔選手の成績についてみていきます。中田翔は賛否両論ありますが、日本代表の4番ですね。成績があまりよくなかった2016年も日本ハムはそこがしっかりしていたからこそ日本一になったのです。

 

 

 

2016年シーズンは、途中で二軍に落としてほしいと思ったと語るほど不調で苦しんだシーズンでした。ただ、日本でホームランバッターというと今は右の中田翔に、左の筒香嘉智の二人が代表的な選手になりますよね。

 

 

 

ただ、中田翔の場合はそういうキャラでいってるのかもしれませんが、ちょっと天狗になってしまうところがあるのでそこは注意が必要ですね。また、日本シリーズで発揮した勝負強いバッティングが武器の選手ですね。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の中田翔の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 142本
本塁打 25本
打点 102点
打率 2割5分0厘
長打率 4割3分1厘
盗塁数 2回
四球 47
出塁率 3割0分8厘
三振 126回

 

 

※中田翔選手の2017年の年俸については、2億4500万円から3500万円アップした2億8000万円(推定)になっています。

 

 

 

中田翔のここがすごい!

 

 

パリーグを代表する、というよりは日本を代表する右のホームランアーチスト、中田翔について紹介をします。中田翔は2007年の高校生ドラフト1位で北海道日本ハムに入団しました。

 

 

 

昨今、二刀流で話題になっているのは同僚の大谷翔平ですが、実は中田も高校時代は二刀流でした。2005年の夏の甲子園、当時大阪桐蔭高校の1年生だった中田翔は、背番号18のレフトで試合に出ていましたが、マウンドにも上がったのです。

 

 

 

その時の最速は148キロで、高校1年生での超高校級と呼ばれていました。高校2年生の夏、夏の甲子園で当時ハンカチ王子として話題になっていた斎藤佑樹と2回戦で対決した際、2年生ながら4番を任されていた中田は4打席3三振と惨敗。

 

 

 

チームも敗れ、その後斎藤佑樹は駒大苫小牧との壮絶な決勝戦の再試合を戦い、甲子園の胴上げ投手となったのでした。挫折を経験した中田は、高校時代の投手ではなく、プロで野手として活躍することになったのです。

 

 

 

プロに野手として年俸1,500万円で入団しましたが、プロ入団当初は守備に大きな課題を抱えていました。入団当初はサードを守っていましたが、結果守ることができず、その後ファーストやレフトを守ります。

 

 


Sponsored Link

 

 

チャンスでの勝負強さが武器

 

 

プロ入り後9年たった今は北海道日本ハムの不動のファーストとして活躍しています。そんな中田翔の最大の魅力は「チャンスでの勝負強さ」だといえます。中田翔がプロ入り後にレギュラーとして定着し始めたのは2011年シーズンからです。

 

 

 

この間、怪我で離脱した2013年シーズンを除き、毎シーズンほぼフル出場をしていますが、打率を3割に乗せたのはその2013年のみなのです。それ以外のシーズンでは22試合の出場にとどまったプロ入り2年目の打率.278が最高です。

 

 

 

100試合以上出場したシーズンでも、次に高い打率は2014年の.269となっています。今シーズンも夏前に極度の不振に陥り、シーズン後に監督に2軍落ちを志願する直前だったエピソードを明かしました。

 

 

 

それほど打撃に関しては率を残せるタイプではないのです。しかし、中田が北海道日本ハムファイターズの不動の4番として、また、WBC日本代表の4番候補として常に注目を浴びている理由は、その類まれな勝負強さがあるからなのです。

 

 

 

プロで初めてフル出場した2011年シーズン、中田翔はシーズンの通算打率が.237であり、ホームランも18本にとどまりました。しかし中田翔があげた打点はなんと91打点です。

 

 

 

一般的にホームランバッターにはホームラン数の3倍を超える打点を求める傾向がありますが、中田はなんと5倍以上の打点をあげているのです。これは、チャンスの場面で効率よくタイムリーヒット、ホームランを打てていることにほかなりません。

 

 

 

2012年、2013年シーズンの打点は70打点台にとどまりましたが、2014年シーズンに自身初の100打点に到達すると、それ以降2016年までの3シーズン連続でシーズン100打点を記録しています。チャンスに強い4番打者としての活躍といえるでしょう。

 

 

WBC・侍ジャパンでの期待

 

 

次回のWBCでは日本代表への選出が確実である中田翔は、小久保裕紀監督就任直後に4番として指名されました。本人はあまり自信がないということをインタビューなどで言っていますが、先日の強化試合でも4試合連続で中田は4番に座りました。

 

 

 

打率は低くともチャンスで試合を決める一打を放てるのが4番であり、その4番像を体現できる右バッターは、今の日本プロ野球においては中田翔と西武ライオンズの中村剛也の2名しかいません。

 

 

 

中村剛也が怪我がちで、今回の代表に召集されない可能性が高いとなると、4番が打てる右打者は中田翔しかいないのです。WBCでも、その持ち前の勝負強さでチームを勝利に導く1打を放ってほしいと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

侍ジャパンの4番は中田翔?それとも筒香がいい?

 

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

大野奨太の2016年の成績と年棒!どんな選手なの?