侍ジャパン,メンバー,中村晃,成績,年俸

中村晃(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

野球

 

 

このページは、WBCの日本代表メンバーである中村晃(ソフトバンク)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それとあわせて、WBCが行われる2017年3月の侍ジャパンとしてどんなことを期待するのかについてみていきます。

 

 

 

 

まずは、中村晃選手の2016年の成績についてみていきます。中村晃はソフトバンクフォークスの計算できる選手という印象です。典型的なアベレージヒッターです。

 

 

 

それが中村晃選手の特徴です。毎年150本近い安打を放ち出塁率も高い選手。しつこいバッティングをします。また、守備も強肩で上手いですね。。

 

 

 

中村晃選手は、ソフトバンクホークスになくてはならない存在です。常勝のソフトバンクホークスの影の立役者といってもいい選手だと思います。工藤監督からの信頼も厚い選手になりますね。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の中村晃の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 140本
本塁打 7本
打点 50点
打率 2割8分7厘
長打率 3割7分7厘
盗塁数 6回
四球 99
出塁率 4割1分6厘
三振 53回

 

 

※2017年の中村晃選手の年俸は、3000万円アップの1億5000万円(推定)になりました。

 

 

 

中村晃のここがすごい!

 

 

中村晃選手は、ホークスが誇る打撃職人です。毎年150本前後安打を打っています。本塁打は2ケタに乗ることはあまりないです。打点は50打点で少ないチャンスをものにしている印象です。

 

 

 

四球も多く選球眼の良いバッターと言えるでしょう。過去には最多安打のタイトルも取得しています。打率も毎年3割前後残しています。プロの世界では3割の打率を残せば上等と言われています。

 

 

 

そのなかで打率を残すのは並大抵のことではありません。アベレージヒッターですが、ここぞという場面ではホームランを打っている印象もあります。選手としての特徴は肩の強さ、足の速さ、巧みなバットコントロールです。

 

 

 

中村といえばやはり打撃が魅力の選手です。構えがオープンスタンスで、脱力できていて非常にいいフォームです。チーム内では福田外野手が中村のフォームをまねています。フォームについては、構えの段階では力が抜けているほうがいいです。

 

 

 

人間の体は一瞬の力の方が力を伝えやすい為です。最初から力んでいると、体の反応も鈍くなりますし持っている力を出し切れません。中村と言えば打撃職人と称されることがあります。長谷川外野手も同じようなタイプです。

 

 

 

どちらも物静かなところがそう思わせるのだと思います。内に秘めているものはあると思います。高校時代はホームランを60本打った強打者です。このホームラン数は元巨人の松井秀喜と同じ数です。

 

 


Sponsored Link

 

 

高校時代はホームラン打者

 

 

帝京高校では4番も打っていました。高校時代の通算ホームランというのは練習試合も含めた数です。ダブルヘッダーで試合が行われることや球場の大きさにも左右されます。だからこの通算ホームランというのは参考にならないといっている人もいます。

 

 

 

確かにホームラン数が多ければ凄いとかプロで活躍できるというものでもありません。ですがホームランを打つというのはそれなりに技術がないとできることではありません。

 

 

 

なので高校通算ホームランは参考程度の記録ですが、打撃が上手いという証拠でもあります。高校の同級生には元DeNAの大田がいます。高校時代は主にファーストを守っていました。

 

 

 

それとあわせてピッチャーも兼務していましたが大田やその他の投手をみてピッチャーとして生きていくのは厳しいと判断し野手に専念するようになりました。足が速いことや、肩も強いことからプロでは外野を守ることが多くなっています。

 

 

 

左投左打の巧打者ということで、元ホークスの柴原と似たようなタイプです。今シーズンは1番を打つこともありました。中村の能力的なところを見ると出塁して中軸につなげるというのが合っていると思います。

 

 

 

なので来シーズンは1番への固定が期待されます。打順の固定は監督が決めることですが、結果を出し続けていれば1番に座り続けることは可能だと思います。

 

 

 

野球で大事なのは打率、ホームランなどいろいろありますがその中でも出塁率が一番大事で得点に絡む重要なものです。出塁率の高い1番はとても理想的な打者と言えるでしょう。

 

 

WBC・侍ジャパンで期待すること

 

 

侍ジャパンで期待されることは、つなぎのバッティングで次の打者へつなげる打撃と走塁、守備です。柳田の代役で強化試合に招集されました。柳田は手術した右ひじの影響もありWBCへの参加は厳しいものと思います。

 

 

 

中村の選出は固いと思います。また、ポジションは外野のほかファーストも守れます。複数ポジション守れるということも選出されやすいのかなと思います。左利きのファーストだと牽制でランナーにタッチをしやすいです。

 

 

 

試合終盤での代打や代走からの途中出場からのファースト守備ということも十分にあり得ると思います。使い勝手のいい選手です。知名度的にはまだ全国区とは言えませんがWBCで顔が知れ渡ることを期待しています。

 

 


Sponsored Link

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

内川聖一(2016)の成績と年俸!WBCでの期待すること!

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

 

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?