侍ジャパン,メンバー,中島卓也,成績,年俸

中島卓也(2016)の成績と年俸!どこがすごい選手なの?

野球

 

 

このページは、WBCの侍ジャパンメンバーである中島卓也(日本ハム)の2016年の成績と年俸についてみていっています。

 

 

それとあわせて、WBCが行われる2017年3月の日本代表としてどんな活躍をするのかについてみていきます。

 

 

 

 

まずは、中島卓也選手の2016年の成績についてみていきます。中島卓也は日本ハムファイターズでしつこい選手に成長しています。何しろファールを打つのが得意。

 

 

 

それが中島卓也選手の特徴です。ファール名人の異名をとります。このいやらしい中島卓也がいたからこそ、日本ハムは日本一になれた。それぐらいの価値がある選手です。

 

 

 

中島卓也選手は、個人の成績以上にチームに貢献しています。相手の球数を増やしていくところは球数制限のあるWBCでは大きな価値のある存在になります。

 

 


Sponsored Link

 

 

2016年の中島卓也の成績と年俸

 

 

<打撃成績>

項目

成績

安打 115本
本塁打 0本
打点 28点
打率 2割4分3厘
長打率 2割6分8厘
盗塁数 23回
四球 63
出塁率 3割3分3厘
三振 53回

 

 

※2017年の中島卓也選手の年俸については、8000万円から2000万円アップの1億円(推定)になります。

 

 

 

中島卓也のここがすごい!

 

 

中島卓也選手は、日本ハムの正遊撃手です。100安打以上を放っていて、逆方向へ打つのが得意な選手です。打点は少なめですが打点を稼ぐ選手というよりは塁に出て得点を稼ぐというようなタイプの選手です。

 

 

 

盗塁が得意で去年は盗塁王にも輝いています。四球も多い選手です。その理由については後で触れていきます。出塁率を見ると3回に1回は出塁しています。プロ選手としては小柄な選手です。

 

 

 

猛者が集まるプロの世界で生き残るためにどうすればよいかを考えると守備と走塁だけでは生きていけないため打撃での特徴を見出したいと考えました。そこで見つけたのがファウル打ちの技術です。

 

 

 

ファウルを打って球数を稼ぎピッチャーを疲れさせる、集中力を欠いて四球を出すといったパターンがよく見られました。ピッチャーにとっては一人に球数をたくさん投げたくないのです。

 

 

 

散々粘られた挙句四球を出してしまったときの疲労度とストレスはすごいものだと思います。高校野球でファウル打ちをする選手がいて、遅延行為とみなされファウル打ちを禁じられたこともありました。

 

 


Sponsored Link

 

 

ファウルうちは難しい技術

 

 

甲子園大会では1日に3〜4試合が組まれているのでなるべく早く試合を終わらせたいという事情もあるのでしょうが。プロではファウル打ちに対するルールはありません。ファウルを打つのは簡単なことではありません。

 

 

 

テレビで見ていると簡単に見えますが、プロの選手なので簡単にやっているように見えるだけです。ホームランを打つ選手もいればこのような職人技ができる選手もいるので、個性があっていいことではないでしょうか。

 

 

 

四球の多さはファウル打ちが影響していると思います。守備と走塁に目が行きがちですが、しぶとさのある打撃が一番の持ち味ではないかと思います。高校時代は現DeNAの三嶋と同じチームでした。

 

 

 

中島の1年後輩で野球部だった人を知っていますが、先輩として後輩から恐れられる存在だったようです。エース三嶋でショート中島。なんとも贅沢なチームですね。

 

 

 

中島といえばプレーもさることながら、男前なルックスとモデルのようなすらっとした体型も魅力的です。女性ファンからの人気も高く、結婚したい野球選手ナンバーワンになったこともあります。

 

 

 

昔のパリーグでは考えられないようなシュッとした選手です。笑顔もかわいらしいのでそういったところも人気の秘訣ではないでしょうか。女性ファンを獲得して、そこから野球に興味を持ってもらえれば野球界の発展にもなるのでいいことだと思います。

 

 

 

日ハムファイターズは、中島だけでなく西川など若くて男前な選手がいるので女性ファンの支持があるチームではないでしょうか。

 

 

WBC・日本代表での期待

 

 

侍ジャパンで期待される役割としては、ショートには巨人・坂本がいるため試合終盤の守備固めあるいは代走といった形の起用になるのではないかと予想されます。あるいはセカンドでの起用もあるかもしれません。

 

 

 

セカンドにはカープの菊池がいるので可能性は少ないですが。ベンチに中島のようなスーパーサブの選手がいることは非常に頼もしいと思います。引退しましたが、巨人の鈴木のような控えに名前があるだけで驚異となる選手になりつつあると思います。

 

 

 

150キロを投げる投手はザラにいますが、160キロを投げる投手はそうそういません。中島のファウル打ちの技術をもってすれば、150キロの球を当てることは容易なことでしょう。

 

 

 

WBCでは球数制限があるので1打席で10球くらい粘るだけで相手投手を1イニング早くベンチに下げるということも可能です。球数制限を逆手にとった戦法で勝ち進むというのも一つの手かもしれません。WBCでますます女性ファンが増えるかもしれせん。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBCの侍ジャパン(2017)メンバー一覧はコチラ!

 

中田翔(2016)の成績と年俸!どこがすごいの?

 

菊池涼介(2016)の成績と年俸!どんな選手なの?

 

坂本勇人(2016)の成績と年俸!ここがすごい!?

 

内川聖一(2016)の成績と年俸!WBCでの期待すること!