WBC,2017,メンバー

2017年のWBCメンバーの辞退者一覧はコチラ!

辞退

 

 

このページは、2017年開催のWBC辞退者を一覧にしています。

 

 

誰が辞退したのか。どんな選手を小久保監督が呼びたかったのか。その辺りについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

まずは、投手から辞退した選手を見ていきたいと思います。もちろん、いろんな理由で辞退していますので選手を責めることはできないのですが理由についてもみていきます。

 

 

 

投手の辞退者の後には野手の辞退者についても理由付きでお伝えしています。なので、辞退者の人たちがなぜ辞退したのかわかるようにしています。

 

 

 

WBC/2017の投手辞退者

 

選手名

球団

田中将大 ヤンキース
前田健太 ドジャース
上原浩治 カブス
田澤純一 マーリンズ
岩隈久志 マリナーズ
ダルビッシュ有 レンジャーズ
大谷翔平 日本ハム

 

 

今回のWBCで辞退したピッチャーはおおむねこのメンバーになりますね。辞退者が決してわるいわけではないですが具体的にみていきたいと思います。まずは、田中将大投手。

 

 

 

田中将大投手については、WBCに参加したかったのですが球団の意向が強く参加をしていません。ヤンキースのエース級のピッチャーですから、故障の心配があるためでしょう。

 

 

 

実際に、肘の故障をした過去があってトミージョンの話も出ていたぐらいですから、ヤンキースとしては田中将大投手をシーズン以外で投げさすことは許可できなかったのではないかと思われます。

 

 

 

田中将大が1枚加わるだけで、大きくチーム力は違っていたんですけどね。そのあたりは、投手の場合は球団の意思というのが強く反映してくるのだとおもいますね。

 

 

 

前田健太投手もほぼ同様の理由ですね。昨シーズンの後半にばてたところがあったので、シーズン前に故障でもされたら大変だということでドジャースが許可をしなかったのでしょう。

 

 

 

次に、上原浩治と田澤純一投手についてもほぼ同じ理由になりますが加えて二人は新天地に移籍したことが原因と言えるでしょう。ちょうど、2017年のシーズンから違うチームに行くことから球団が反対しました。

 

 

 

球団からすると、まだシーズンでまったく活躍していない選手をシーズン前に怪我なんかされると年俸がすべて損失になってしまうので、出場は無理だったのでしょう。これは球団の気持ちも理解できますね。

 

 

 

ここまでの、田中将大、前田健太、上原浩治、田澤純一の4人については本人たちは出場したかったけども、球団がストップをかけたというパターンになりますね。

 

 


Sponsored Link

 

 

本人の意思でWBCを辞退した投手

 

 

同じくメジャーリーガーでも、自らの意思で参加しなかった選手が岩隈久志とダルビッシュ有になります。岩隈久志投手については、長年マリナーズに在籍して好成績を残していますので、本人が出たければ出れる可能性はありました。

 

 

 

しかし、岩隈久志投手は第2回大会で世界一を経験していますから、ある種の達成感はあるでしょう。それを考慮すると、もう出場しなくてもという想いがあるのだと思いますね。

 

 

 

第2回大会の実質的なMVPは岩隈久志投手ってぐらい活躍していましたからね。なので、本人の希望でWBCに辞退したのではないか。そういったことが想像できます。きっとそうだと思います。

 

 

 

そして、ダルビッシュ有については肘の手術(トミージョン)明けというのもありますがそれ以上に本人の意思によるところが大きいと思います。アメリカではWBCは評価されないからと自ら発言しています。

 

 

 

なので、手術のこともありますがそれ以上にWBCにモチベーションを持てないのだと思います。ダルビッシュ有も第2回大会で世界一を経験していますからね。経験してなければわかりませんが、その辺りの気持ちも大きいと予想されます。

 

 

 

大谷翔平の辞退

 

 

そして、投手の中で最も驚きで残念なのが大谷翔平が辞退者になってしまうということですね。右足首の故障の話は最近まで誰も話ていなかったので、正直驚きですよね。

 

 

 

大谷翔平を見たいと話すアメリカ人もいたぐらいですから、2017年開催のWBCの中で最も注目される選手であったことは間違いないでしょう。まあ、本人が一番悔しい思いをしてるんでしょうけどね。

 

 

 

今回の大会で活躍して、その活躍を引き下げて2018年にメジャーリーガー大谷翔平の誕生と多くの国民は考えていたと思います。メジャーリーガーのピッチャーについては最初から参加するかどうかは微妙なところでした。

 

 

 

しかし、日本には大谷翔平がいる。そんなことを思っていただけにかなりショックですがそれも受け入れなければなりません。かわりにニューヒーローのような投手がでてくれればいいのですが、大谷の代わりはいないですね。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBC/2017の野手辞退者

 

選手名

球団

イチロー マーリンズ
中島卓也 日本ハム
今宮健太 ソフトバンク

 

 

野手の辞退者と言えばなんといってもイチローになるでしょう。もう、日本中がイチローは今回のWBCにでるのかということに注目していました。小久保監督も数年前からWBCの出場のためにコミュニケーションにつとめていたんですけどね。

 

 

 

まあ、それはイチローだけにかかわらずメジャーリーガーの日本人選手のすべてに該当することなのですけどね。第2回大会終了後に代表引退を話していましたから、それが一番の原因になるでしょうか。

 

 

 

そのわずかな可能性を楽しむのもファンの楽しみでもありますからね。そういった意味では、イチローがでるのかどうなのかってところがわくわくすることができただけでも良かったと言えるかもしれません。

 

 

 

中島卓也選手については、日本ハムのファール名人の異名をとります。理由はよくわかりませんが、日本代表を辞退したのではないかと報道で言われています。元々、坂本勇人(巨人)のバックアップが必要だったのでその可能性はあります。

 

 

 

本人がコメントを発表しているわけではないのでなんとも判断が難しいところですね。また、ソフトバンクの今宮健太選手については怪我の影響でWBCを辞退したと伝えられています。

 

 

 

今宮選手については、コメントを公表していたので実際に辞退したのでしょう。その結果として、ショートは広島カープの田中広輔さんの選出になりました。こうみると、投手と比べるとだいぶ少ないですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

2017年のWBCにはイチローは参加するの?

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由を暴露!

 

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

WBC・2017のメンバーで落選した有力選手とは?

 

2017年WBCのメンバーを岩隈久志は辞退するの?

 

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!