WBC,2017,メンバー,キャプテン

WBC(2017)メンバーにキャプテンは誰もいない?

キャプテン

 

このページは、2017年3月に行われるWBCの侍ジャパン(日本代表)のキャプテンについて解説しています。

 

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!

 

今のところ小久保監督は、キャプテンを置かない方針ですが個人的にどうするべきかについて考えていきます。

 

 

 

 

まず、基本的な考え方としてはキャプテンは必要だと思います。チームをまとめ士気を高めていくまとめ役がいると結束力が高まってくるからです。WBCなどのこういった国際大会では、チームの結束力というのが何よりも重要になっていきます。

 

 

 

個人個人のパワーや打撃などではアメリカをはじめとする外国人には日本人は勝てません。そうなると必要になってくるのは一致団結してまとまる力です。組織力で勝つということです。その中で、一番キャプテンにいいのはイチローだと思います。

 

 

 

イチローについては、まだ出場するかどうかは微妙なところです。しかし、もし出場するのであればイチローをキャプテンにしてほしいと思います。イチロー自身は、そういった役割を嫌がるかもしれません。

 

 

 

第2回大会でもしていますし、タイプ的にはイチローはキャプテンというタイプではありません。どちらかというと背中で引っ張っていくタイプがイチローです。ただ、43歳という年齢と過去の2大会で世界一になっているという経験。

 

 

 

そのことからも、イチローがチームをまとめるというのは一番いいのかなと思います。ちなみにこれまでのWBCの三大会については下記のような選手が中心になってキャプテンをつとめています。

 

 


Sponsored Link

 

 

過去の中心選手とキャプテン

 

 

【第1回(2006年)】

 

投手:松坂大輔、岩隈久志、渡辺俊介、大塚晶則、上原浩治

 

野手:イチロー、川崎宗則、小笠原道大、松中信彦、宮本慎也

 

 

※キャプテン・宮本慎也

 

 

 

【第2回(2009年)】

 

投手:松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大、渡辺俊介

 

野手:イチロー、城島健司、稲葉篤紀、内川聖一、福留孝介、

 

 

※キャプテン・イチロー

 

 

 

【第3回(2013年)】

 

投手:田中将大、前田健太、牧田和久、内海哲也

 

野手:阿部慎之助、稲葉篤紀、内川聖一、坂本勇人

 

 

※キャプテン・稲葉篤紀

 

 

 

以上が、各回のWBCにおける中心メンバー及びキャプテンになります。第1回大会では宮本、第2回はイチロー、第3回は稲葉篤紀がそれぞれチームの精神的支柱として、またキャプテンとしての重要な役割を果たしました。

 

 


Sponsored Link

 

 

第4回WBC(2017)の侍ジャパンメンバー

 

 

一方、第4回大会はどうなるでしょうか。実は今大会の侍ジャパンは若手・中堅の選手で構成させる可能性が非常に高く、チームの精神的支柱となる選手が選ばれるのかが不透明な状況です。それでは現時点の代表候補はどうなっているのでしょうか。

 

 

【投手】

 

菅野智之

 

大谷翔平

 

宮西尚生

 

牧田和久

 

則本昂大

 

石川歩

 

松井祐樹

 

秋吉亮

 

岡田俊哉

 

増井浩俊

 

千賀滉大

 

藤浪晋太郎

 

平野佳寿(13名)

 

 

 

【野手】

 

大野翔太

 

嶋基宏

 

小林誠司

 

中田翔

 

山田哲人

 

菊池涼介

 

田中広輔

 

坂本勇人

 

松田宣浩

 

筒香嘉智

 

秋山翔吾

 

内川聖一

 

青木宣親

 

鈴木誠也

 

平田良介(15名)

 

 

 

キャプテンは誰がいいのか

 

 

これは現時点で考えられる、メジャーリーグ勢が参加した時の想定です。こうしてみると、野手は大ベテラン43歳のイチロー、投手は40歳になった上原浩治がそれぞれ精神的支柱として、また、チームのキャプテンとなりうる役回りが見込めます。

 

 

 

しかし、メジャーリーグ勢は現時点で参加が流動的です。青木宣親は移籍先のアストロズ首脳陣がWBCへの参加を容認しているため、本人が望めば代表入りとなるでしょう。しかし、前田健太をはじめとするその他の選手は現時点で参加が未定です。

 

 

 

そんななか、もっとも注目すべきはイチローが参加の意向を表明するかどうかです。幸いにも現在所属しているマイアミ・マーリンズのGM、監督はイチローのWBC出場を容認する発言をしているため、日本側が出場を打診すれば参加することが可能です。

 

 

 

そうなれば名実ともに日本代表のキャプテンになるでしょう。もし、イチローが招集されなかった場合は上原浩治をおしたいですね。レッドソックスで抑えをし、ワールドシリーズでも優勝しています。第1回、第2回のWBCでも世界一を経験しています。

 

 

 

この経験というのはすごく大きい。もし、イチローも上原浩治も参加しない場合は、内川聖一をおしたいですね。なぜ、内川聖一なのか。それは年齢的にベテランということもありますし、前回大会で一番悔しい思いをしているのが内川聖一だからです。

 

 

 

しかも、第2回大会では世界一も経験しています。天国も地獄もしっているという意味では、これ以上の選手はいないと思います。もちろん、出場しての活躍も期待できますしね。なので、イチロー、上原、内川の3人から選んでほしいなと思います。

 

 


Sponsored Link

 

 

WBCに向けての準備

 

 

これから12月にかけて、続々と選手の次年度契約更改が進んでいます。選手は契約更改が終わるとオフに入り、英気を養いつつ来るべき2017年シーズンに備えることになるのです。

 

 

 

選手によっては球団から台湾、中米ドミニカ・プエルトリコなどに派遣され各国のウィンターリーグで鍛える選手など様々です。2016年シーズン、セリーグのホームラン・打点の打撃2冠王に輝いた筒香。

 

 

 

その筒香は、2015年末にドミニカのウィンターリーグに派遣され、新しい打撃フォームを手に入れて大活躍をしています。なので、しっかりと各々自分にあった調整をしてWBCに臨んでほしいですね。

 

 

 

第3回で優勝を逃しているだけに、2017年の第4回大会ではしっかりと準備してキャプテンを選出してWBCの本戦に望んでほしいなと思います。イチローなどの参加があって優勝。これがファンとしてはベストですね。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBC/2017最新の日本代表メンバー発表はコチラ!

 

WBC(2017)には日本人メジャー選手は出場するの?

 

WBCの予備登録メンバー8人はコチラ!

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由を暴露!

 

2017年WBCのメンバーを岩隈久志は辞退するの?

 

2017年のWBCメンバーの辞退者一覧はコチラ!

 

WBC(2017)の日程とチケットはどうすれば購入できるの?