WBC,2017,ダルビッシュ,不参加,理由

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由を暴露!

キャッチャー

 

 

このページは、2017年3月に開催されるWBCにダルビッシュ有が参加しない本当の理由についてお伝えします。

 

 

報道でもダルビッシュ有がWBCに呼ばれるというニュースはありませんよね。なので、その理由についてもみていきます。

 

 

 

 

日本の世界一奪還に期待がかかるWBC。メジャーリーガーの参加が望まれますが、特に投手の参加が望まれています。日本と言えば、投手力です。田中将大、岩隈久志、ダルビッシュ有など世界で見ても素晴らしい投手です。

 

 

 

投手を中心としたスモールベースボールは日本の持ち味です。そんななかでも第2回大会で先発としても抑えとしても活躍したダルビッシュ有の参加はとても興味がありますよね。

 

 

 

しかし、日本の報道でダルビッシュ有がWBCに出場するとかしないとかって記事はまったくといっていいほどありません。その理由はどこにあるのでしょうか。またダルビッシュ有がWBCに参加しない理由はどこにあるのでしょうか。

 

 


Sponsored Link

 

 

ダルビッシュ有の実績

 

 

そもそもダルビッシュ有は、日本時代は圧倒的な成績を残しています。MVPを2回、最優秀投手を1回、最優秀防御率を2回、最多奪三振を3回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞を2回、沢村賞を1回。日本のエースとして大活躍していました。

 

 

 

メジャーに行ってからも最多奪三振を取っています。ダルビッシュ有の特徴と言えば、150キロ越えのストレートと多彩な変化球が持ち味です。ダルビッシュ自身変化球はすぐ投げられるようになったそうです。

 

 

 

ものすごく器用な選手という印象です。また、スライダー一つにしても速いスライダー、遅いスライダー、曲がりの速い遅いも自在に操っています。いわゆるストライクゾーンの奥行を使った投球です。

 

 

 

普通の投手はストライクゾーンを平面でしかとらえられないのですが、いい投手というのはストライクゾーンの奥行を考えて投げることが出来ます。そのためいい成績を残せるのです。

 

 

 

高校時代からその名をとどろかせていました。長身で細身、それに加えて端正なマスクなので高校時代から女性のファンも多かったのではないでしょうか。

 

 

 

プロに入団し1年目のキャンプで未成年で喫煙、パチンコ屋でパチンコをしたりとかなりやんちゃな選手でした。しかしその後は意識を変えたのか、メキメキと頭角を現し日本のエースへと成長していきます。

 

 

 

ダルビッシュ有の凄いところは何といっても探求心です。今よりもっとうまくなりたいという気持ちが伝わってきます。また、体のバランスを整えるという意味で左でのキャッチボールを取り入れています。

 

 

 

左投げでも140キロ近い球を投げられるというのでこれは驚きです。また、シーズンオフには筋力トレーニングを行っています。今では大谷翔平なども参加するようになりました。

 

 

 

ダルビッシュ有は栄養面についてもかなり勉強しています。いろいろと試行錯誤があっての今だと思います。ダルビッシュ有の持論は日本人は筋力トレーニングについて偏見を持ちすぎているということです。

 

 

 

元来投手が筋力トレーニングをすることはご法度とされていました。それは筋トレをすることで体が硬くなってしまうという迷信があったからです。メジャーリーガーとの差はトレーニングの差だといっています。

 

 

 

外国人ならではの骨格もあるでしょうがそれにプラスしてトレーニングをしているのでパワーが桁違いなのです。日本人もトレーニングを行うべきであると警鐘を鳴らしています。

 

 


Sponsored Link

 

 

ダルビッシュ有がWBCに参加しない理由

 

 

では、なぜダルビッシュ有はWBCへ参加しないのでしょうか。それは大きくわけて二つの理由が考えっれます。一つ目は、ダルビッシュ有が自身の気持ちです。ダルビッシュ自身が参加する気持ちはないと思います。

 

 

 

それは、第3回で不参加だった理由からもわかります。ダルビッシュ有はWBCの不参加の理由を日本とアメリカではWBCの捉え方は違う。WBCで勝ったとしても、アメリカでは評価されない。それが彼が不参加だった理由だからです。

 

 

 

なので、ダルビッシュ有本人が2017年のWBCに参加したいということはおそらくないでしょう。メジャーリーグでのシーズンの方が当然に大切だからです。また、もう一つダルビッシュ有が不参加の大きな理由があります。

 

 

 

それは、球団の許可が得られるのは難しいということです。ダルビッシュ有は肘を故障し、トミージョン手術をして間が空いていません。肘への負担も考慮すれば、球団は参加を許可する可能性はほとんどないでしょう。

 

 

 

肘の怪我というのは投手として致命的な怪我ですし、選手としての寿命にも関わってきます。そういった背景から球団として参加の承認をだすことはないと思います。

 

 

 

ダルビッシュ有の意思、そして球団の意思。この両面から考えると参加することはない。そう思って間違いないでしょう。そのため、報道でもイチローのことは取り上げられてもダルビッシュ有が取り上げられることはありません。

 

 

 

それは、ダルビッシュ有がWBCに不参加であることはほぼ100%間違いないからなのです。本人の意思と球団の意思が合致しているので、それが不参加の理由になるでしょう。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

WBCを大谷翔平が辞退!ダルビッシュとの噂の真相とは?

 

2017年のWBCにはイチローは参加するの?

 

2017年のWBCメンバーの辞退者一覧はコチラ!

 

2017年WBCのメンバーを岩隈久志は辞退するの?

 

WBC/2017メンバーに柳田悠岐が選ばれない理由を暴露!

 

2017年のWBCメンバーに角中が選ばれない理由を暴露!

 

WBC(2017)のアメリカは本気で優勝を狙ってくる?